ニュージーランドアカデミーTOP  ≫ 月別アーカイブ

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

時間の感覚

NZは昨日(9月29日)から夏時間に突入して、日本との時差が4時間になりましたね。

昨日の朝は日本へ帰国するお客様を空港までお連れするのに
5:30AMに起きなければならなかったのですが、
夏時間の5:30AMは冬時間で言えば4:30AMなので、
切り替わりの日にこの手の仕事が入るのはちょっとキツイ

帰国するお客様には「今日寝るときにちゃんと目覚まし時計の時間を1時間進めて調整しておいて下さいね。」
っと、ご案内を済ませ、ここのところちょっと寝不足だったので、早めに寝るか、、っと休んでいたところ、

友人から、「今日から夏時間だから時計を1時間早めるの忘れないようにね!」とテキストメッセージが来た。。。。

。。。って、午前0時17分ですけどぉっ?!!!!!!!

Yumeangry.jpg
YUME、あたしじゃないから。。。

ワザワザ0時17分にお知らせ頂いて、

どーもありがとー (←超棒読み)


しかもこの、「時計を1時間早めるのを忘れないように」って、おかしくないか?

夏時間に変わるとき、要するに冬時間での5:30AMに起きると、
「あらやだ!もう6:30AMじゃない!」という状態にしないといけないのですが、

要するに、時計の針を1時間先へ進める、現在の時刻に1時間加えるのであって、

時間を1時間早めると言うことは、この逆に時計を1時間戻してしまう事になるのでは???

(例えば、「6時の会議を1時間早めます。」と言われると、「じゃ、5時ね?」と解釈するし。)


友人は「1時間早く時間が経ってしまった状態にして下さい。」
というような感じで言いたかったのだろうか。

果たして彼女は無事に夏時間に調整できただろうか。今度聞いてみよう。


しかし、私は特に仕事がらこの時間が切り替わる日を緊張して気にしておりますが、
結構アジャストに時間がかかって、待ち合わせ時間になっても現れない人が多いので要注意ですね。
(冬時間に切り替わる時は間違えた人が1時間待てば良いのでまだいいのですけど。)

昨日は朝一番に空港までお客様を送り届けた後、
長期留学をしている生徒さんのお母さんが日本からやって来るので、
生徒さんとオークランドの街で待ち合わせて一緒に空港に迎えに行く予定だったのですが、
シティーまでのバスを待っていたその生徒さんから「バスが来ません。。。」と連絡が。
結局ホストがシティーまで送ってくれたので助かったのですけれどもね。

町の中にある時計もどれも狂いっぱなしで誰もアテにしてないし(笑)

このくらいゆるくても誰も大きく不満を訴える人もいない。

それでいいのか?と思うこともあるけど、

それでいいのだ、ニュージーランド^^ (きっと)



是非こちらにも遊びに来て下さい=>「ニュージーランド研究室」


hiras_r.gifbr_decobanner_20100812074135.gif ←こちらか


     にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ←またはこちらか、、、はたまた両方かhiras_l.gif

ポチッと一発押してください。
スポンサーサイト
| 2013年09月30日 | 日記 | comment(2) | trackback(0) | 編集 |

南半球の天体の動き

9月17日から2泊3日でクイーンズタウンに滞在中、
星空観測ツアーに参加しようかなと迷ったんですよ。

何せあたし、趣味の一つが天体観測ですから

寒い時はすぐくじけるし、ちょっと観たらすぐ引き上げたりしますが、
いいの。そんな事は。(言ったもの勝ち)

しかしさすがクイーンズタウン。
やはりこの時期朝晩か~なり冷え込むし、しかも一晩は誕生日会で空いてなかったし、
そして何よりこの時期十五夜お月様で月がマックスに明るかったし、、、

っと言う事で、脳内会議の結果今回天体観測案は却下。

068.jpg

もともと高校生時代から天体観測は好きだったのですが、
南半球に来るとまた一味違った楽しみかたが出来ますね。

オリオン座は逆さになって見えるし、
北半球では見えない星座が見えたりするし。

067.jpg


北半球と南半球では星の動きが/北と南では上下が逆、西と東では左右が逆になる。

要するに180℃反転して見える訳で、

日本では右上に上がっていく星もニュージーランドでは左上に上がっていく。

これはあくまでも星の「みかけの運動」が違うだけで、

星の動き方が変わっている訳ではなく、そもそも星は動いていない。。。


丸い地球が23.4℃傾いて自転と公転をしているが故に見せるイリュージョン。

071.jpg

こういうのがね、、、、

気持ち悪いですね

「見かけの運動」が気持ち悪い。 

コリオリ力とか、天体の運動とか、「人間にはこう見える」という部分がなんだか落ち着かない。

「実際は違うんだけどね。」みたいな。 「錯覚なんだけどね。」みたいな。

ビックリハウスにいる様な感覚。


でも目で見ただけでは物事の本質は掴めないという事が実感できて面白いです。
072_20130925184642253.jpg


余談ですが、たまにお客様から、

「南半球では太陽は西から昇るんですか?」

と聞かれる事があります。

太陽は南半球でも同じように東から昇って西に沈みます^^

ただ、北半球では南に太陽が昇るけど、南半球では北に太陽が昇る。


本当は太陽が昇ってる訳じゃないんですけどね!




是非こちらにも遊びに来て下さい=>「ニュージーランド研究室」


hiras_r.gifbr_decobanner_20100812074135.gif ←こちらか


     にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ←またはこちらか、、、はたまた両方かhiras_l.gif

ポチッと一発押してください。
| 2013年09月25日 | 観光 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

クイーンズタウントリップ

わたくしの仕事では、7月後半から8月一杯が1年の中で一番忙しく

時間が全く無かった訳ではないのですが、気持ち的に余裕がなく、、、
すぅっかりブログ離れしておりました

ちょっと一息ついて、またNZの夏に向けて準備頑張るぞ~といったところです。


さて、先日クイーンズタウンに半分仕事、半分プライベートで行って来ましたので
数枚写真をアップ♪

057.jpg
051.jpg

こちらホテルのお部屋からの景色↓
048_20130923172704094.jpg

本当はレイクビューじゃなくてスタンダードのお部屋で2泊予約が入っていたのですが、
宿泊初日は誕生日だったので、出発前に予めデラックスにアップグレードしたんですよ。


で、チェックインの際に
「1泊目と2泊目の部屋タイプが違うから、明日の朝一旦チェックアウトしなきゃ駄目よね?」
とホテルスタッフに聞くと、

「2泊目もデラックスにしてはどう?スタンダードよりもデラックスの方が
断然いいし、追加料金を出すだけの価値はあるよ。」
と勧められ、

「それもそうよねぇ。」とすぐお勧めに乗るあたし。(だから一生金が貯まらない)
そもそも2日目は朝の7時から夜8時までツアーで外に出るので
ホテルは寝るだけなんだけど。。。
部屋変わるのも面倒だし、3日目の朝の景色も楽しめるし、ま、いっかって。エヘ。

「じゃ、2泊目も同じ部屋で宿泊出来るよう予約を変更しておきましたから。
ただ、明日の朝必ずフロントに来て、お部屋の新しいカードキーを受け取って下さい。」
とフロントスタッフ。

こんな変更がね、危険なんですよ。ニュージーランドでは。
今まで旅行関係の仕事をしてきて、
予約変更がきちんと他のスタッフに伝わらず、
どれだけ苦労してきた事か。。。

「ちょっとあなた、この予約確認書に幾らの追加料金で部屋のアップグレードを受けたかと、
同じ部屋に連泊する事と、貴方のお名前書いて下さらない?」
っとお願いしたところ、

「...。日本人ですか?」(←ホテルスタッフ)

ですって。

「ええ、ええ、日本人です。あとでトラブリたくございませんので、お願いします。」

とお願いしたところ、名前を書いて横にサインまでして下さいました。


で、次の朝、言われた通り新しい鍵を受け取りにフロントへ行くと、
対応してくれたスタッフが、

「あなたは今晩同じ部屋には泊まれませんよ。この部屋は他のお客様が利用される予定です。」

...って、ホウレみたことかぁぁ!!


チェックインの際に予約確認書に書いて貰った内容をスタッフへ見せて、

「私はこれから丸一日ダウトフルサウンドのツアーに参加するし、
荷物は部屋に置きっぱなしにしてるし、今から部屋を替わるのは無理ですからね。」(キッパリ)
と伝えると、

「彼は9時に出勤するので、直接話して頂けますか?」ときた。。。

何言ってるのかしら。
だから今から出かけて夜まで帰らないんですって。


結局、マネージャーらしき人がでてきて、
予約確認書に名前のあるスタッフに事情を聞いて
同じ部屋をアレンジしてくれたんですけどね。



ダウトフルサウンドの景色↓
084_20130923172707298.jpg
092_2013092317272071d.jpg

ホテルをチェックアウトする際、
チェックインを対応してくれた例のスタッフがいたので

「予約確認書のサイン、役に立ちましたよ。

と伝えると、

「何せ僕のサインだからね!」だって。


あまりにも予想通りの成り行きで、ちょっと面白かったです。




是非こちらにも遊びに来て下さい=>「ニュージーランド研究室」


hiras_r.gifbr_decobanner_20100812074135.gif ←こちらか


     にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ←またはこちらか、、、はたまた両方かhiras_l.gif

ポチッと一発押してください。
| 2013年09月23日 | 観光 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |
Copyright (C) ニュージーランドアカデミー. All Rights Reserved.
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。