ニュージーランドアカデミーTOP  ≫ 月別アーカイブ

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

日本の文化は素晴らしい!

8月29日(金曜日)

先日27日ですね、、、オークランド大学の一角で、全国美さこ会主催・在オークランド日本総領事館後援の着物ショーが開催されたんです。

知り合いがチケットを入手できるとの事だったのでその知り合いと、着物に興味のある生徒さんの一人と一緒に行って参りました。

オープニングは太鼓の演奏で。
Taiko.jpg

綺麗な着物がいっぱい
Kimono2.jpg

白無垢なんかも登場
Kimono4.jpg

華やかですねぇ~!
Kimono7.jpg

ショーには生徒さんも私も着物を着て見に行って着ました。

↓MIKIさん 着物姿が板についております
Miki.jpg

日本で日本舞踊を習っていたこともあり、着物が大好きで日本から訪問着を送って貰っていたのですが、、、、一人じゃ~お出かけ用の帯の結び方が出来ず、、、(お稽古じゃ太鼓結びなんてしなかったし。)仕舞ったままだったのですが、一緒に行った生徒さんが日本でずっと着物を着て仕事をしていたとの事でちゃっちゃと結んでくれ久々に袖を通して出かける事ができました。

着物で見学に行ってたの私達二人だけでしたけど、、、何か?

でもやっぱり日本の文化は素敵ですね^^

こうやって日本の文化をたくさんの外国の方々に知っていただける機械をつくるのは本当に素晴らしい事だと思います。

本日またJ-SHINEの会長さんにお会いしてたくさんお話をする機会があったのですが、(詳しいことはマタ後日)その一部。

西洋の洋服は体にフィットして機能的だが、着物には体の大きさに合わせてアジャストできる余裕がある。

洋服は前面に装飾が集中しているが、着物は帯を後ろで美しく結び背後にも気を配っている。

洋服は幾何学的な模様であったり、一色の生地で作られていたりするが、着物は花鳥風月の模様をあしらっている。

着るもの一つにしても、美を前面に押し出す国民性、背後にも気を配る国民性、機能的に物を作る文化と、花鳥風月を愛でそれを身にまとう事を喜ぶ文化と、それぞれの国民性と文化的背景がくっきりと見て取れる。
それぞれあってそれぞれ素晴らしい。

そう、日本の文化も素晴らしいのです。

でも英語で外国人と会話をする際に、その日本の文化を正しく理解できていないと外国人に間違った印象をもたれてしまう。

その一例。

英語で「粗茶ですが、どうぞ。」と言ったとします。

あなたはこんな風に謙遜するのが週間になっていて何の不思議も感じませんが、外国人は「なんで粗茶なんてだすのだろう?」っと疑問に思います。
そして飲んでみたら立派なお茶なので、今度は「何で粗茶なんて言うのだろう?」と不思議に思います。

なぜあなたは粗茶だと謙遜するのか?その理由が言えますか?

これが言えないと、外国人はあなたの意図が理解できません。「人に対してへりくだってばっかりで、ヘンだよね、日本人。」なんて馬鹿にされてしまうこと請け合いです。

なぜ粗茶だと言うのか。 

つづきはまたあした。。。。



っと思いましたがMOREに書いてみました。興味のある方はそちらをご覧下さい。

なんでもWHYと問うことが大切だっ!

banner_02.gif←Why don't you click ?
[続きを読む]
スポンサーサイト
| 2008年08月29日 | 文化 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

ニュージーランドでインターンシップ<中間報告>

8月28日(木曜日)

以前こちらのブログでご紹介した→(ニュージーランドでインターンシップ)現在インターンシップ中のYASUKOさん。今週初めに学校にワークショップを受けに来られました。

↓左YASUKOさん。中央ワークショップ担当講師のシーテル先生。 右YASUKOさんより一週間早くインターンシップを始めた韓国人のルナさん。
Yasuko.jpg

YASUKOさんは一日中子供達と楽しく過ごされていて、時々園の仕事の一部を任せてもらったりと、充実した日々を過ごしているそうです^^

 先生達はどんな指導をしていますか?日本と違うところはありますか?

 とにかく子供達を自由に楽しく遊ばせているのですが、一日3回生徒を集めて本を読んで聞かせる時間があります。

生徒を集める際も「みんな集まってー」っと声をかけるのではなく、皆で手拍子を始めたりダンスを始めたりしながら、自然に生徒が集まってくるように仕向けるんです。

本を読むときもものすごく小さな声で、うるさくしていると聞こえないように話すんですね。

とにかく自主的に行動を起こさせるように常に工夫をしています。

 なるほど。。。それは大切な事ですね。。。ところで、インターンシップ中なにか困ったことなんかありますか?

 一つだけ、生徒さんが喧嘩をして泣いている時に、「どうしたの?」って聞くと、理由を説明してくれるんですけど、泣きながらの英語になるので言ってる事が聞き取れない事があるんです。。。

う~ん、泣きながらの英語はちょっと手強そうですね。。。ええ、でもしっかり分かるまで聞いてあげてください!そのうち泣きながらの英語にも耳が慣れてくるかもっ! 頑張れYASUKOちゃん。

banner_02.gif←クリックするとランキングがみれます












[続きを読む]
| 2008年08月28日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

Panell のフレンチマーケット

8月27日(水曜日)

本日はボスがニューカレドニアに1週間旅立つので朝からなんだかせわしない雰囲気でしたが、、、
10時過ぎには空港にお送りし、オフィスに戻って茶でも一杯。。。

このブログの存在を徐々に生徒さんにお伝えしながら記事の募集をかけているのですが、
昨日一件記事の提供(←っていうかこれは結構半強制的に頂いた記事あっはっはっ)がございましたので早速アップしてみました。

タイトル フレンチマーケット! レポート by TAKA←だんだん大きくしてみました。

フレンチマーケット(French Market)に行ってきました。
場所はParnell。
大きな通りに面していなくて、少し路地を入った倉庫のようなところを開放して毎週土曜日にやってます。
AEA(←うちの学校のことです。)からだと徒歩で30分くらい。

マーケット内はパン、チーズ、野菜、ソーセージ、肉や野菜のスモーク、さらにはフランス雑貨などが売られていてかなり魅力的。
①

↑野菜はオーガニックで新鮮、さらに値段はかなり安い。
普通にFoodtownとかで買うのに比べたら相当安いと思います。
かなりたくさん購入しても10~15NZ$とかしかいかなくて、計算間違ってるんじゃないかと思わされちゃいます。
(たまにホントに間違えたりしてますが・・・)←そうそう、要注意ですね。

②

↑だいたいのお店が試食出来るので、買う前に味もチェックできるし、朝ごはん代わりにもなるかも(コラ)
なかでもチーズやワインの試食・試飲は毎回欠かさなかったり・・・
スモークサーモンやオリーブなんかは、お酒飲む人には肴に最適かと。

③

④

⑤

買い物以外にも焼きたてウインナーのホットドックやパンもあるので、朝食は抜いていった方がいいかも
カフェもあるので、ゆっくりもできます。
マーケット内のパエリアは大きなフライパンで作られていて食べたくなること間違いなし。
⑥
⑦

もちろんパエリア買いましたが、10NZ$で一人では食べきれないくらいの量を入れてくれる。
しかもチキン、マッスル、イカ、エビなど具沢山で味は抜群に美味しいです。

⑧

フランス雑貨はかなり値段は高いですが、お洒落で見ているだけでもいいくらいです。
いい香りの石鹸やキャンドルとか、ついつい欲しくなってしまいそう。

⑨

何も買わなくてもなんだか楽しめる場所なので、足を運んでみてはどうでしょう??
(いやいやど~んと買って持ってきて下さいよぅ )

★詳細
French Style Market
Every Saturday from 8am to 1pm

Parnell French Marketの場所(クリックするとマップが見れます)

TAKA君、記事ありがとよ~。また宜しくね~

banner_02.gif←クリックするとランキングがみれます




| 2008年08月27日 | 生活 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

J-SHINEとは

8月26日(火曜日)

オークランドイングリッシュアカデミーは、2005年2月より児童英語教師(TESOL)コースを開設して
幼児・児童英語指導者の育成に力を入れて参りました。

で、、、今年の6月1日付けで小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)の登録団体として認証されたんです。

↓じゃじゃ~ん! こちらが認定書。 (いやー長い道のりでした。。。って、私は申請段階ではあまり関わっていませんでしたが。。) 

JS.jpg

認定書に会長 中山 兼芳ってありますでしょ?

そのお方がですね、本日当校に視察にお越しになったんです。

↓中山会長は左から2番目
J-SHINE.jpg

せっかくの機会なのでJ-SHINEの名前の由来をお訪ねしてみました。

J-SHINEとは、日本が輝く、というところから来ているそうなのです。
日本の国旗の真ん中にも太陽がある。太陽が光を発し、それが全てを作り出すエネルギーの源となる。
そう、このJ-SHINEが日本の英語教育に新たな光を与える源になって欲しいとの願いが込められているそうなのです。


中山会長のお話しからは、日本のこれからの英語教育に対する熱い熱い思いがひしひしと伝わってきました。

教科書を使っての繰り返し&暗記レッスンから、いかに考えて学べる生きた教育を行っていくか、
一重に英語指導者の力にかかっている。
ズバリッ!それが君達だぁぁぁぁ!!!↓

TESOL.jpg

J-SHINEコースに参加している生徒さんは他にもいらっしゃるのですが、
先ほどTESOLコースで熱心に教材作りをしていた生徒さんたちを抜き打ち激写っ。

ええ、化粧直しなんて必要ありません。みんな笑顔がとっっっってもらぶり~です。

本当にですね、熱心で明るくて子供好きな生徒さん達。(←これ重要)

素敵な英語教師になること間違い無しです。

==生徒さん達からの一言==

*みんなで協力し合って楽しく勉強しています。

*先生がサイコーに面白いです。 (毎日抱腹絶倒状態らしいです。)

*子供に英語を教えられるよう努力しています。

えっと、、、今度はしっかりじっくりコメントを聞かせて下さい。

banner_02.gif←応援クリックお願いします。




| 2008年08月26日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

午後のアクティビティー<スカイタワー編>

8月25日(月曜日)

さあ、月曜日!今週も張り切って参りましょう!!

本日も新入生の方々がお越しになりました。ブラジルからのアンダーソンさん等等多国籍。
日本からのお友達も一名増えました^^ (サッカーが得意とのことですので、また午後のサッカーアクティビティー盛り上がって下さいませ。)

先週の水曜日は午後のアクティビティーで皆さんスカイタワーに行ったのでそのご報告。

↓東京タワーよりもちょっぴり低いんですけどね。。。周りに高い建物がないのでご覧の通りここじゃぁとても目だってます。
tower_convert_20080822140654.jpg

↓展望台に上ると360度景色が一望できます。
View_convert_20080822141206.jpg

==ここで生徒さんからのコメント==

行ってまいりました。スカイタワー!!
お天気にも恵まれて、まさにスカイタワー日和!
SKY TOWERから徒歩圏内に住んでいるので見慣れてはいたけれど

いざ上まで上ってみると景色のよさに開いた口がふさがらない~!

ポカァーン。360度見渡す景色はどこも絶景でサイコーでした。
一緒に登ったサウジアラビアの女の子は高所恐怖症で足をガクガクさせながら歩いてたけど、そこからの景色を見てすごく興奮しておいました。
次は夜のスカイタワーも登って見たいです!! by RYOKO

ドバイからの生徒さんの一人がスカイジャンプに挑戦! 
F1_convert_20080822141652.jpg

このジャンプ、ワイヤーに吊るされた状態で192mから一気に地上まで降りるんです。考えただけでプルプルしますよねぇ~。
F2_convert_20080822142734.jpg

スカイダイビングは2度程体験したわたくしですが、このスカイジャンプとバンジージャンプは怖くてできませ~ん。。。

飛行機で高度1,200フィートとか行くとですね、もうそこは別世界で感覚が麻痺するって言うか、腹をくくるしか無いっていうか、まな板の鯉って言うか、もう飛び降りる事に対する迷いを無意識に抹消してしまう訳ですけど、バンジーとかスカイジャンプの中途半端な高さはいけませんっ!!

地上に近い分恐怖感が増すんですよね。。。

後迷ってる間があるのも恐怖心をふつふつふつふつと倍増させますし。。。。

笑顔でジャンプをしたファティマさんの勇気に拍手!

banner_02.gif←応援クリックお願いします。

| 2008年08月25日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

休息の日曜日

8月24日(日曜日)

この週末は徹底的に仕事を休む事を強化ガラス程度に硬く決心していたので、朝からかなりダラダラモード。

先々週の木曜日にアマゾンで5冊本を注文し、次の日に発送され先週の月曜日には本を受け取ることが出来たので(脅威的な速さですね。さすがアマゾン。。。)本日は読書に勤しむ事に。

天気が良ければ近所の公園のベンチにでも座って本を読んだりしようかなんて思っていましたが
生憎外は強風を伴った雨。。。家にこもって読書をするのにうってつけの日です。

昼過ぎまでそんな調子で過ごしておりましたが、知人からお誘いを受け、雨も収まっていたこともありちょいとドライブでミッションペイへ。

落ち着いた雰囲気のカフェのテラスでホットチョコレートを。。。
C1.jpg
っていうか、ぬるいし。。。ホットチョコレートじゃなくてワームチョコレートとかに改名するべきでは。。。

ミッションベイのトレードマークの噴水
D1.jpg

台座の珍獣は良く見るとこんなコミカルな格好をしています。
D2.jpg
向かい合ってこそいませんが 「やーねー奥さんったら。」 「あらやだ奥さんこそ~。」なんてついつい会話が思い浮かびます。

神話にでてくる獣かなんかでしょうかね?決して美しい容姿ではありませんが、様になるから不思議です。
そんなくだらない事を考えながら、だらだら過ごした一日でした。

しかし時間があるときってあまり多くの事は出来ないですよね。

予定がたくさんある時にはその圧力で一気にたくさんの事をこなせるのですが、時間があると著しく作業効率が落ちてしまいます。

なので、「時間があればこれが出来たのに。」なんて状況は殆どの場合成り立たなくて、
時間があっても結局出来なかった事だっただろうなと思ったり。。。

明日からはまた仕事モードで密度の高い毎日を送りたいですね^^

banner_02.gif←応援クリックお願いします。

| 2008年08月24日 | 生活 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

休日の過ごし方

8月23日(土曜日)

土日も結構仕事の予定が入っている事が多いのですが、今週は珍しく完全にオフ。

こんな時は日頃の疲れをリセットするためぼーっとするに限りますが、
NZはとにかくリラックスできる場所が一杯ですね。

↓ちょっと郊外に足を伸ばしてぼーっと羊を眺めてみたり。。。
DSC00289.jpg

↓友人とカフェに行って巨大なラテを飲みながらおしゃべりしたり。。。
DSC00283.jpg

↓海辺に行って景色を眺めたり。。。(ぼーっと眺めているとパラダイスダックの親子が上陸してきました。)
DSC00334.jpg

↓マーケットを覗いてみたり。。。


本当に癒される場所が一杯です。

NZに長く住んでいると良く受ける質問の一つが

「なぜNZを選んだんですか?」

決して一つや二つの理由では無いのですが、やはり自然に囲まれた環境と、そこで暮らしている地元のKIWI達が素朴で親切な点がここを選んだ大きな理由です。

日本で添乗員をしていたとき色々な国を訪れる機会があったのですが、芸術に興味があった事もあり一番気に入ったのはイタリアで、出来れば長期滞在したいと思ったんですけど、イタリア語なんて話せないし、住むのもなんだか大変そうだし。。。

で二番目に気に入ったのはNZだったんですね。
仕事で関わった地元のNZの方々は皆フレンドリーで親切で、自然も一杯だしとても印象がよかったんです。

でも本当はワーキングホリデーの一年で日本に帰るつもりだったんですけど、後は節目節目での人との出会いがあってここに居る事が出来ています。

語学学校では同じようにNZを短期、または長期で訪れた色々な国の人たちと関わる事が出来ます。
NZの滞在が充実したものになるよう、お手伝いが出来れば最高ですね^^

banner_02.gif←応援クリックお願いします。
| 2008年08月23日 | 生活 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

午後のアクティビティー<レーザーシューティング>

8月22日<金曜日>

当校オークランドイングリッシュアカデミーでは、月曜日以外毎日アクティビティーを企画しており、
実費のみで参加できます。

先週は皆さんレーザーシューティングに行ってきました!

先ずは係りのお兄さんからレクチャーを受けます。
L1_convert_20080822062131.jpg

みなさんも武器を装着し、気分はスペースファイター
L3_convert_20080822062808.jpg

戦いの後はお互いの健闘を讃え合います
L4_convert_20080822063015.jpg
↑写真左のKAORUさんにレーザーシューティングのコメントを頂きました。

「今回初めてアクティビティーに参加しました。
このゲームは、実際に人(相手)を打つことができるのでとてもリアルで興奮しました。

室内はとても暗くて思ったより広く、まるで巨大迷路のようでした。
相手(敵)を見つけるのは光だけ。

で、誰が敵で誰が味方か分からず、きっと味方も打ってしまったと思います。(←オイっ)

15分と短い時間でしたが、汗をかくほど疲れました。

最後には獲得した点数も分かるので、さらに盛り上がりました。

チームメイトとも仲良くでき、また新しい友達もできて参加して本当に良かったです。」

私もね、随分前に1回行った事があるんです。レーザーシューティング。。。
その時は30分シューティングをしたのですが、今回のように15分で充分です。ええ、充分です。
(その位で50メートル走りきったエリマキトカゲ状態になること請け合いです。実際皆その辺りから待ち伏せ作戦に切り替えていましたしね。。。)

SF映画の主役みたいに前方の敵を倒し、はたまた背後からやってくる敵を察知してやっつけるなんて
いんぽっしぶるだと思いましたね。。。

アドレナリンが大漁分泌しすぎて高笑いしながら追いかけてくる人なんかもいて
色んな意味で面白かったです(笑)

皆さんも是非実際に体験してみて下さい!

ちなみに料金は15分で$12。 10名以上$8との事。 (15分間。これプラスレクチャーが10分位あります。)

banner_02.gif←ここのところも狙い撃ちお願いします。


| 2008年08月22日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

思い出話し。<盗難編>

8月20日(水曜日)

つい最近起こった出来事をきっかけに、以前盗難の被害にあった時の事を思い出したので今日はその体験談をば。。。

あれは忘れもしない2002年6月の出来事。

オークランドで就職が決まりクライストチャーチから移動してきて間もない頃、
領事館に在留届を出しに行った帰りに、「ちょっと勉強でもして帰るか。。。」などと魔が差し中央図書館に立ち寄ったんです。

勉強も一段落して「さぁ~帰ろうか。」っと足下に置いた荷物を取ろうとした所、、、

ないっ!!!

何も無い! 何度見ても何も無いっ!! 無いっ!無いっ!ない~~~!!

慌てて図書館から飛び出して辺りを見渡してみるも、盗んだバックを持ってのこのこ歩いている人なんているはずもなく、とっとと図書館に引き返しまず係員に事情を説明す事に。

バックを盗まれた事を伝えると、係員は

「またか!最近しょっちゅうなんですよね。図書館は本を読む知識欲のある人の為の所なのに、どうしてここでこんな事をするんでしょう?」

なんてぶつぶつ嘆いていらっしゃる。
そんな話は後で聞こうじゃありませんか。ここは取り敢えず是非一刻も早く事態をガードマンに知らせて施設の中を調べてもらいたいっ。 ひょっとしたら取り敢えずトイレなんかに持ち込んで財布とかだけ取って他のものは捨てられているかも知れないし。

っと、一通り調べて貰ったけどやっぱりここにはありそうに無い。

さぁ。ではどうするか? 財布の中にはクレジットカードやバンクカードが入っているので一刻も早くこれを止めたい。

図書館のオフィスでこういった作業をするのも効率が悪いので、次に領事館に駆け込む事に。

閉館時間ギリギリに領事館に駆け込み、事情を伝えたところカード会社の連絡先をすぐに教えてくれたので、電話を借りてカードをストップ。幸いまだ不正使用はされていませんでした♪
(まぁカードの不正使用ができる泥棒もここでは少ないみたいですけどね。)

一通り連絡が終わったのでホッと一息。
しかし、、、バックの中には貴重品という貴重品が全て入っていたんですよね。。。

お昼に領事館に在留届けを出しにくるため(そう、昼にもあたしここに来たんです。)パスポートとか航空券とかも入ってたし、それに財布でしょ(現金は$60位でしたけど)、あと携帯電話、バスのチケットとか家の鍵とか、全て取られてしまって、、、手に持っているのは英語の参考書一冊のみ。。。

なんてこった。 家に帰るにもバスチケットも無いし、現金も無いし、お金も引き下ろせないし。。。

ぼーぜん。

そしたらですね、領事館のお偉いさんの方が、「お困りでしょ? $50貸し出ししますよ。この領収書にね、サインをして頂くだけで良いですから。 お金はいつでも余裕ができた時に返して頂ければ結構ですよ。」

あ、あんた、えーひとや~!! 捨てる神ありゃ拾う神あり。感謝感激雨霰です。

あなた様の事は一生忘れません! お金は次の日領事館へ茶菓子を添えてお返しに参りました。

当時住んでいた所は、シティーから根性で歩いて帰ろうと思えば帰れる距離だったんですけどね、
この親切な言葉と気持ちがとってもとっても嬉しかったです。

盗難にあって気持ちが腐っていたのですが、世の中悪い人ばかりじゃなくこんな親切なかたもいらっしゃる、と、気持ちもちょっぴり持ち直しました^^

banner_02.gif←人気ブログランキング

実はこの話には続きがあるんですけどね、ご興味のある方は追記(more)をご覧下さいませ。
[続きを読む]
| 2008年08月20日 | 生活 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

バスの時間にご用心

8月18日(月曜日)

本日なぜか5時半に目が覚め、布団の中で地中の小動物のように30分程ぬくぬくしていたのですが
それもちょっと飽きて来たので、6時過ぎにベッドからもぞもぞと這い出て本日のランチなんぞ作ってみました。

ちょっと前までは仕事が詰まっていて料理をする気持ち的余裕を持てず、、、エンゲル係数が一気に上昇していたのですが、それも現在一気に減速してストールターン。
やっぱり余裕は持つべきですね~。

さてさて今日は月曜日。新入生の皆さんがやってくる日です。
先週までは結構まとまった人数の新入生の方が来られていたのですが、
本日はちょっぴり少なく4名の生徒さんが来られます。。。4名の予定。。。4名のはず。。。?

って、誰もきませんけどっ?!

「おかしいなぁ」 とスタッフ一同首を傾げていると、随分遅れてひとぉ~り、ふたぁ~り、とやって来ます。(しかし4人申し合わせたように遅れるなんて珍しい。。。)

ま、でもニュージーランドの公共交通手段は時間通り運行しない事が多いので時間を読むのは難しいところがありますよね。

わたくしもニュージーランドに来てすぐの頃語学学校に3週間だけ通ったんですけどね、バスが毎日あまりにも遅れてくるので、一回だけバスのドライバーに文句を言った事があるんです。

「あんた昨日も遅れてきたでしょ。」←あたし

「・・・。」←運チャン

「こんなに遅れたら学校間に合いませんわっ!」←あたし

「オッケー。。。。 降りろ。」←運ちゃん

「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!。。。?」←あたし

こんな返事を誰が予想しただろうか? いや、誰もしない。(反語)

ちょっと笑顔らしきものを見せて乗せてもらいましたけどね。しっかり。

その時はNZに来たばかりでしたので、バスが時間通りに走っていない事や「じゃー降りろ」とか言う運転士さんにビックリでしたけど、今じゃ~そんな事では驚きゃしません。

常に誤差は予想しているし、運転士さんにも乗せてもらった時にはお礼を伝えていますしね^^

生徒の皆さんも、最低の最低でも15分、いや20分位の誤差は予想してバスをご利用して下さいませ。
(遅刻はしないでね♪)

banner_02.gif←人気ブログランキング

| 2008年08月18日 | 生活 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

空港送迎

8月17日(日曜日)

今日もわたくし担当の日本人生徒さんがNZに到着されるので、
これから空港に迎えに行ってきます。

11時15分到着予定のNZ90で来られるのですが、、、オークランド空港のフライトインフォメーションをインターネットでチェックしたところ、到着が12:50に遅れているので、取りあえず生徒さんのホームステイ先に遅れる旨を一報し、オフィスで時間調整。。。

(12:50に空港に到着すると言う事は、スムーズに行って空港を出発できるのが14:00位でホスト宅到着は14:30位か。)

通常この生徒さんの<空港-ホームステイ間>の送迎は専門のガイドカンパニーに委託しているのですが、滞在期間中基本的に学校のご相談窓口にわたくしがなるので出来る限りNZに到着する際からお迎えして、帰国の際にも空港までお送りしております。

昨日も、ハーウィック校で4週間のプログラムを終えたYさんが日本へ帰国されるので、
空港までお送りして参りました。

朝4時に起床して5時に家を出たときには辺りはこんな感じ↓ さ、寒い。。。
sky.jpg

とてもしっかりもののYさん。目的意識を持って熱心に英語を勉強されていました。
ホームシックにもならず、ホームステイも楽しく過ごしていただけたようです^^
apt.jpg

馴染んだ生徒さんとの空港でのお別れは非常に非常に寂しいですが、、、、
今回積んだ経験を活かして、帰国後も元気で頑張ってね!!

活躍している様子を時々お知らせ頂ければ幸いです。

さてさて、今日はどんな生徒さんが到着されるのか。。。楽しみですね♪

banner_02.gif←応援クリックお願いしますっ!
| 2008年08月17日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

火事か?!

8月15日(金曜日)

一見、普段となんの違いもない当校が入っているビルに見えるのですが、、、
BLDG.jpg

中では火災警報機が鳴り響き、全員ビルの外に避難しています。 そのうち消防車もやって来ました。
Fire.jpg

時々避難訓練があるんですけどね、、、その際には事前にスタッフには通達があります。
でも今日は何も知らされていないので、ひょっとしたら本当に火事かも。。。

警報機が鳴りだすと、全員取り敢えず外に避難して、それから消防隊員が中に入って検査して、その人たちのOKが出ないと中に戻れません。

避難する方も半信半疑であまり緊張感が無いのですが、、、

この消防士の人たちも、「どーせ誤報だろぉ」的に背中にしょっている酸素タンクの上に
よっこらしょ~っとばかり消化ホースをのせて、余裕で歩いて中に入って行きます。


St.jpg  腰が入ってねーなぁ
                                                                                                                     ここはテキパキいっとこーぜ

この調子では本当に火災だった際に手遅れになるのではとちょと心配かも。
でも消防士さん達も誤報にうんざりしているんでしょうねぇ。。。きっと。

誤報は多くの人に迷惑がかかるので、絶対に起こさないように気をつけましょう!

banner_02.gif←応援クリックお願いしますっ!

| 2008年08月15日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

ひと段落

8月14日(木曜日)

今朝は3時30分起き(注:お昼じゃなくて朝です。)

家を4時10分に出発し、ハーウィック校へ移動。

生徒の皆さん方も5時30分に学校集合だったのですが、全員ちゃんとホストに送ってもらって時間通りに集合し、無事に出発して行きました。

この7月・8月の語学研修シーズン最後のグループでしたので、なんだか現在燃え尽きたジョーな感じです。

↓昨日はグループのフェアウェルパーティ。 皆さんホストにお礼の手紙を一生懸命書きました。
PT.jpg

↓パーティーでは歌を披露


↓こんな らぶり~な子供ちゃんも参加


まだまだ事後処理などでバタバタしますが、取りあえず今週一杯でひと段落といった感じですので
来週からブログにも力を入れて(?)大作を(?)書ける、、、かも、、、しれません。

実は今まで生徒の皆さんには内緒でこっそりと更新をしておりましたが、
これから徐々に公表して、徐々に助力をお願いしようかなんてたくらんでおります。

banner_02.gif←応援クリックお願いしますっ!




| 2008年08月14日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

かゆい?!

8月11日(月曜日)

4時起床。(注:朝の4時です。)

本日3組のグループが一気に日本に帰国したのですが、その内のひとグループの空港出国までのご案内を担当。

↓生徒さん達ホストと涙のお別れ。。。
DSC00933.jpg

バスの車中では「日本に帰りたくな~い!」 「まじ失神しそう!」 「もうここで降ろして欲しい~。」「事故ってもかまわへんで~。」 (関西弁のイントネーションでご想像お願いします。)

等等、色々な言葉が飛び交いましたが、、、その中でも気になったのが、

「日本かゆいって~。」 

日本がかゆい?????! 日本が現在夏で熱いから汗疹が出来てかゆいとか??

でもさらに話を聞いていると、、、、

今回のグループに付きっきりでお世話をした男の子が生徒の皆さん一人一人に手紙を書いて引率の先生に渡していたのですが、それを聞いた生徒さんが

「あいつかゆい顔してええことやるなぁ~。」

なんと! どうやらかゆいという言葉は、実際に「かゆい」時に使われるだけじゃなくなったようです。

要するに感覚的に「かゆい」って事ですよね? 何となく分かるような分からないような。。。

バスの中では多いに盛り上がった生徒さん達ですが、空港に到着してからは非常にテキパキと行動され、無事出国して行きました。

またNZに来る事があったら是非連絡下さいね^^

さて、空港でグループをお送りした後、本日NZの現地校を訪問する別のグループに合流。

↓現地校では先ず学校の説明を聞いて、、、
DSC00935.jpg

↓それからバディーを組んで学校の校内を見学したり授業に参加したり。。。
DSC00936.jpg

こうやって実際に訪れると、日本の学校との違いが良くわかりますよね。
ちょっと緊張したと思うけど、地元の生徒さんとも交流できてよかったね^^

banner_02.gif←人気ブログランキング


| 2008年08月12日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

7分の6の心がけ

8月10日(日曜日)

今晩も鍋。。。

Nabe.jpg

昨日は日本式鍋でしたが、本日は中華鍋。

グループの引率で来られている校長先生に招待されとある中華料理店の中華火鍋食べ放題に行って参りました。

鍋のスープもスパイシーとノーマルと2種類あり、タレも数種準備されております。
(タレのお味は日本人にはちょっとびみょ~かも。。。)

材料は結構豊富でここぞとばかり、ブロッコリー・白菜等野菜補給。。。

わたくしと、ハーウィック校でエクスチェンジをしている20歳の男の子と3人での食事会だったのですが、食事中校長先生から「いやー本当は有料の講演内容なのですけどね。。。」っと言いながら「7つの心がけ」というありがたいお話を聞かせていただきました。

長い長いお話しでしたので、かなりはしょってご紹介致しますと、、、

先ず第一の心がけ

自分で決める

どう言う事かと言いますと、例えば腹の立つ事を言われ、感情的にやり返し、喧嘩になるような対応をするのか、それとも一呼吸置いて、違った方法で自分の意見を主張するのか自分で決めることができる。それを念頭に置いて何事にも当たりなさい、との事だそうです。。。

第二の心がけ

優先順位を決める

例えば、小さい粒のビーズと小石があって、それを箱の中に余さないよう入れなさいと言われ、
先ず小さい粒のビーズを箱の下に敷き詰めて、その上にどんなに小石を上から押さえても入らなかったものを、逆に小石を箱に詰めてうえからビーズをかけるように入れると綺麗に入った。
このように、何を最初に持ってくるかでよりたくさんのものを詰め込む事ができる。
常にプライオリティーを考えなさいとの事。

第三の心がけ

終わりを決める

これは要するに計画に期限を設ける事だそう。
漠然と予定を立てても達成できない。「何時までに何をやる」と意識して行動を起こせ。との事。

第四の心がけ

リズムを崩さない

睡眠時間をいつもより削ったり、暴飲暴食をしたり、体のリズムを崩す行為を取らないよう心がけなさいとの事。う~んこれは耳が痛い。ええ、ええ、おっしゃる事は良くわかりますよぅ。身をもってこの心がけの大切さは実証しております。。

第五の心がけ

礼節を守る

基本的な事を忘れずサボらずきちんとしなさいとの事。

第六の心がけ

人の話しを良く聞く

まあ、説明の必要も無いですよね。。。これは。。。

で、第七は、、、、第七は、、、、第七は、、、なんだったっけ?? 

ほんと、人の話を良く聞けって話しですよ。

スミマセン校長先生。最後のひとつ、なんでしたっけ?!今度また教えて下さい。


banner_02.gif←人気ブログランキング


| 2008年08月11日 | 生活 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

今夜は鍋パーティー

8月9日(土曜日)

昨日の夜はハーウィック校でプログラムを行っているグループのフェアウェルパーティーでした。
ホストファミリーも招待して帰国直前にパーティを開くのですが、このホストを集めるのが結構大変。

予定表を予め渡すだけではダメなんですね。その程度じゃあ集まりゃしません。
集合の時間になっても現れないので電話すると、「あっれ~?今日だったけぇ?」 とか言うし。。。

でも昨日は遅れて来たホストが何組かいつつも無事全員集合。
DSC00925.jpg←今回も習字や歌や折り紙を披露

皆さんホームステイではとっても楽しく過ごせたようで、スピーチでは「帰りたくない!」「永遠にNZに居たい。」とおっしゃる生徒さんもおられ、ホストもちょっとうるうるする場面がありました。

また是非いつの日にかNZを訪れて下さいね^^

さて、そして本日はこんな景色の見えるボスの家で↓
DSC00926.jpg

グループの引率で来られている先生方を招待して
お鍋パーティーを開きました♪↓
DSC00928.jpg

鍋にはシャケやテラキヒ、マッスル等の魚介類を入れ、ちょ~デリシャス!!
久々に日本の味を満喫しました♪

鍋の後にはカラオケとスパ。

カラオケは1年前位の歌までしか入っていないんですけどね、、、まあ最近の歌には縁の無い人ばかりでしたので(自分を含めて)全くもって問題なしです。

そしてスパ。これも「疲れがとれますわ~♪」と大変好評。
NZは湯船にお湯をためて毎日風呂につかる習慣がなく、元々湯船がついていない家も多くあります。
出かける前にシャワーをさっと浴びるという人が多く、ホームステイをすると大抵シャワーの時間を制限されるんですね。

「シャワーは5分。」とか言われる家庭が多いのですが、5分って、、、本気?それ本気でいってるの?とお思いになるかと思いますが、至って本気です。

お湯もガスでたいているのではなくタンクに貯めたお湯を使っている家庭が多いので、一人でいっぱい使うと他の人が水しか使えなくなってしまうんですね。。。

海外に住んで日本の良さが分かったりする事がありますが、お風呂につかるのも日本の素敵な習慣の一つですねぇ。

banner_02.gif←本日もワンポチ何卒宜しくお願いします^^


| 2008年08月10日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

ニュージーランドでインターンシップ

8月8日(金曜日)

本日のスケジュールは、来週からインターンシッププログラムに参加をするYさんを、そのインターンシップ先の地元保育園にご紹介にお連れし、午後にはハーウィック校でプログラムを行なっているグループのフェアウェルパーティーの準備のお手伝いとパーティー参加。
その合間を縫ってメールでのお問い合わせへの返信と、今日もパタパタと過ごしておりました。。。
(ああ、なんて充実した毎日。)

さて、先ずはYさんの保育園同行。

10時に訪問すると保育園側には前もって伝えていたのですが、念のため朝一番にリコンファーム。

スムーズに行けば20分かからずに到着できる距離ですが、これも念のためYさんを連れて9時30分に会社の車で学校を出発。

快調な滑り出しだったんですけどね、、、だったんですけどね。。。

モーターウェイの入り口手前で、、、ステートハイウェイ16号線の方へ入らないといけないのは分かってたのに、何故か1号線に入っちゃいました! あはぁ~♪ やっちゃったぁぁ。

まあ、取りあえず何事もなかったように次の降り口で1号線を出て一般道へ。

そして何食わぬ顔で運転をしておりましたが、そこはさすがにNZに来て3ヶ月経過するYさん、

「ここ、、、ニューマーケットですよね~。」っとポツリ。

(チッ。。これは白状せねばならんようだ。)

「ええ、そうよ、そうなのよ。間違っちゃったのよ。もう一回振出しからやり直し。」

やさしいYさんは「やーい間違えたぁ」など突っ込む事もなく、サラッと次の話題へ。

予定より10分遅れで保育園へ到着致しました。
(ま、NZじゃぁ30分以内は遅刻じゃないですけどね。 え?あ、はい、反省してます。すみません。)

Yasuko 1←Yさん保育園の前にて。
Yasuko2.jpg←保育園のスーパーバイザーから説明を受けます。Yさんも緊張の面持ちでしたが、、、
Yasuko3.jpg←5分後にはこれですわぁ。もう見た目スタッフ。
Yasuko4.jpg←園内の一角

「ところで彼女はタイガーチーム?それともライオンチーム?」っと突然尋ねてくるスーパーバイザー。

「それは是非こちらが教えて頂きたい。。。」と内心思いつつ、
「そう言えばさっきホワイトボードにYASUKO→Lionって書いてたな。」と思い当たり伝えると

「オーっっっ。ライオンチームはアジア人のスタッフもいるしYがライオンチームに参加してくれるととっても嬉しいわ~~!!」っとスーパーバイザー。

園のオフィスに戻るとYさんはやはりライオンチームになってました。
来週から4週間の間に、しっかりキングになって下さい。

オフィスでは詳しく働く時間、休憩やランチの取り方、服装等など説明を受け、月曜日からいよいよインターンシップスタートです!

また途中Yさんの様子をお届けします。(by 特派員うらん)

banner_02.gif←本日もワンポチ何卒宜しくお願いします^^


| 2008年08月08日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

NZのイタリアンショップ

8月7日(木曜日)

本日は朝からハーウィック校へ移動。

何故かと言うと、先週到着したグループの引率で来られている校長先生のスーツケースがですね、
AKL空港に到着した際に破損していたので、その修理のお手伝い。

飛行機で運んでいる際に破損したので航空会社に申請して、提携しているバック屋さんにて無料で修理をしてもらうか、もしくは買い換えるのなら$172の負担をしてもらえるという事になったんです。
(しかし$172って中途半端。。。)

それでEAST TAMAKIにあるバック屋さんに校長先生をお連れしたのですが、$172ちょっとオーバーでとっても素敵なスーツケースがあったのですね^^ バック屋のおやじさんも

「ちょっと予算オーバーだけど持ってってくれいっ!」

みたいな感じでサービスしてくれました。 ラッキー♪

校長先生の壊れたスーツケースは、空港の麻薬捜査犬のトレーニングに利用するんだそうです。

「何一つ無駄にはしないんだぜぇ」と熱く語るオヤジ。

でもとっても GOOD TO KNOW です。 THANK YOUオヤジ!


このバック屋さんは10時からオープンなのですが、15分ほど前に到着したのでお隣のカフェでコーヒーを一杯したんです。

何気に入ったカフェだったんですが、イタリア製品を専門に扱っているお店が併設されていました。
Shop1.jpg←店内はパスタやチーズやオリーブオイルや、、、

Shop2.jpg←イタリアワインも選り取りミドリ

Wine.jpg

そして校長先生からは、こんな↑素敵なプレゼントを頂いてしまいました!!
( ええ、もう1/7位になってますけど何か? あっ、でもでも一人で飲んだ訳じゃないんですよぉ
とってもヴォーノでした!←もう過去形。


あと、スチールの調味料入れ(各$2.90)とマッシュルーム入りトマトベースのパスタソース($5.70)    GNOCCHI With POTATO($6.30)をゲット。

係員のお姉さんもイタリア好きのとってもフレンドリーなKIWIで、

「GNOCCHIの調理の仕方分かる?」

と聞いてくるので、「う~ん、知らないけどインストラクションが載ってるからへーキ。」って言ったのに、

そんな返事はまるで無視して親切かつ熱心に教えてくれました。
その気持ちが嬉しいよ。THANK YOU ネエサン。

校長先生も地元の親切な方々と交流し、素敵なスーツケースをゲットし、とてもご満足なご様子でした^^

banner_02.gif←クリックしていただけると嬉しいです。



| 2008年08月07日 | 生活 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

ニュージーランドの遊園地

8月5日(金曜日)

本日もハーウィック校に、中・高校生のグループが到着致しました^^
すでに到着しているグループと同じ関西の学校で、皆さん明るく元気な生徒さんばかり。

Howick school 018 ←ハーウィック校の受付はこんな感じ

ハーウィック校の方では、団体の受け入れや11歳からのジュニアの受け入れを行なっており、
午前中に英語の勉強をして、午後には大体アクティビティーに出かけます。

Canoer3.jpg←カヤックに乗ってみたり。。。

karting group←遊園地に行ったり。。。

この遊園地なんですけどね、、、

人口の少ないニュージーランド、常設の大型遊園地は国内一箇所しかございません。

大型って言っても、平日は入場者が少ないので「このアトラクションは○○時に動きます。」とか
開始時間が設定されていたりします。
(長蛇の列が出来て待たされるんじゃないんです。)

ディズニーランドやユニバーサルスタジオはおろか、スペースワールド級の遊戯施設すらありません。
(もちろん「風神 雷神」とか、「タイタン」とかも無いし。。。)

ジェットコースターもですね、とりあえず2回転するのがあるんですけど、コースが短いので出発しても一瞬で到着です。(殿方と乗っても悲鳴を上げて気を引く暇もありません。)

こんだけかい!っと突っ込みを入れたくなるような短さですが、そこはさすがに遊園地側も気遣ってか、1週グルッとコースを回って帰って来た客に、係員が「もう一週したい方はこのまま座っててぇ!もう降りたい人はここで降りてちょうだい!」っと声を掛けます。

ジェットコースターはこの2週がワンセットになっているんですねぇ。(係員が何を言っているか聞き取れなかった方は問答無用で2週目出発です。)

こんな遊園地ではございますが、日本のハイテク遊園地とは一味違ったマニアックな楽しみ方ができます。( 乗り物に乗ったら最後それぞれ楽しむというよりも、お友達と一緒に来て良かった的な。。)

レインボーズエンド←興味のある方はサイトを訪れてみて下さい。

banner_02.gif←ランキングに興味のある方はここを押してみて下さい(注クリック誘導です。)
| 2008年08月06日 | 観光 | comment(5) | trackback(0) | 編集 |

フェアウェルパーティー

8月2日<土曜日 Part 2>

オークランドZOOから帰って来ると、CITY校ではすでにフェアウェルパーティーの準備が整っておりました。

女子生徒さんは浴衣を着込んでとっても素敵♪ ホストの皆さんも浴衣姿の生徒さんと一緒に写真を撮って大喜びです。

↓パーティーでは歌を歌ったり。。。(最近の曲だったようで題名分からず。。。)
P1.jpg
↓お茶をたてて皆に飲んでもらったり。。。(こういうところで日本の文化が披露できるとサイコーですね^^)
P2.jpg
↓ホストに習字を伝授したり。。。(やっぱり最後はアルファベットでサイン。)
P3.jpg
↓皆でスナックを食べたり。。。
P4.jpg
↓最後記念写真を撮ったり。。。
P5.jpg

あっと言う間の1時間半でした。

こちらのグループの生徒さん達はプログラムの期間中、CITY校で一般の生徒さん達に混じって英語の授業を受けたんです。

最初多国籍のクラスの雰囲気に圧倒されたのか、皆さん顔面がおもいっきりフリーズしておりましたが、
さすが若い方達は順応性がありますね^^ すぐに慣れてメキシコ人の生徒さんや、サウジからの生徒さんや、韓国からの生徒さんや、、、皆と打ち解けていらっしゃいました。

たった2週間の短い滞在でしたが、
語学学校で色々な国から英語を学びにきた生徒さんと接して刺激をうけ、
またホームステイで他国の文化に触れることができ、
ひじょ~~~~に良い体験ができたのではないかと思います。

若いうちから海外経験をさせてくれた、お父さんやお母さんに感謝だね^^

学校やホームステイ先では楽しい事ばかりじゃなく、自分の伝えたい事がなかなか伝わらないもどかしい思いをたくさんしたと思うけど、この経験をバネに英語を練習して、フライトアテンダントや通訳になる夢を是非実現させて下さいね♪

banner_02.gif←ランキングアップが小さな目標です。クリックで応援お願いします!
| 2008年08月04日 | 学校 | comment(1) | trackback(0) | 編集 |

オークランド動物園

8月2日(土曜日)

本日8時に学校へ出勤した所、学校入り口でこれまた出勤して来た所のDirectorご夫婦にばったりMeet.
そう、土曜日ではございますが今日は皆朝から予定がびっちり入っているのです。。。

Director Mr.Tは、現在現地校を利用して語学研修を行っているグループの校長先生が日本から到着されるのでそのお迎え、そして私は現在ハーウィック校で語学研修を行っているグループがオークランド動物園に行くのでその同行。そして夕方からは現在CITY校で語学研修を行っているグループがホストファミリーを招待してお別れ会を開くので、Director Mrs.Bもその準備とお世話で大忙し。

ハーウィック校に移動した後、生徒さんたちも予定通り集合したのでオークランドZooに向けて出発

わたくしですね、現在オフィスで働いておりますが、以前は添乗員として5年間、オークランドの現地ガイドとして3年間勤めていたんです。現場を離れて早3年。空港に斡旋に行ったりする機会は前職でもありましたが、こんな風にツアーに同行するのは久しぶりでちょっぴりうきうきします♪ ♪ 

オークランドZooに到着しそこで3時間取る予定でしたが、天気が悪くで寒いのでここで3時間ははっきり言って無理。ドライバーさんと相談し、ZOOは早めに切り上げてショッピングセンターに立ち寄ってから帰る事に。

DSC00866.jpg←Zooの係員のお姉さん

Zoo係員のお姉さんが持っているのはKiwi バードの卵(の剥製)
でかい。。。とにかくでかい。。。親鳥の体重との比率からいうと鳥類の中では最大規模で約4分の1(500グラム程あるんだそうです。)

このお姉さん、卵の他に鳥の羽など色々なZooのコレクションを出して来て生徒の皆さんに積極的に触らせてくれておりました。(トゥアタラ*の脱皮の皮にはちょっと皆引いていましたが、、、)

*トゥアタラ:トカゲの一種。100年以上と寿命が長い事で知られています。長生きの秘訣は動かないこと。心拍数や呼吸数もセーブしてるんですって。省エネモードですね。

DSC00869.jpg←ええ、一日何回も同じ所をぐるぐる回るのが私の仕事。これで食ってますから。。。(アザラシさん)

DSC00874.jpg←サービス業も楽じゃないけど、この仕事は結構気に入ってます。(キリン氏/キリン餌やり体験時)

動物を眺めていると、本当にそれぞれうまい具合に進化してきたものだなぁと思います。
キリンを眺めていた校長先生が一言

「どうしても高い所の葉っぱを食べたかったんでしょうねぇ。」

同種で高い木に届かなかった個体は生き残れなくて、突然変異でも首の長かった個体のほうが子孫を残せる確立がたかかったのでしょうが、(決してあっちのお花を見たかったのでも、こっちのお花を見たかったのでもなく。。。)必要に応じて進化を遂げてきた動物達を見るにつけ、生命の力というかその壮大な時間の流れというか、、、そんな大きなものを感じます。

人間は二足歩行になって脳を発達させてきたけど、、、最近じゃあ高学歴な人程出産率が低いというのはどうした事か。人類は今後どういった方向に進んで行くんでしょう。。。

とにもかくにもひさびさのZoo。適度な時間で楽しむ事ができました。^^

(でも風邪を引いて熱がでたので今日はこの辺で。。。)

banner_02.gif←クリックして頂けるとこのブログも進化する(かも。。。)
| 2008年08月03日 | 観光 | comment(1) | trackback(0) | 編集 |

やっぱりお母さんが一番!

8月1日<金曜日>

昨日の夕方から学校に良く電話がかかってきます。。。

何故かと言いますと、昨日9歳~11歳の子供さん19名のグループが到着したんですね。

それで皆様早速 ホームシック!

時間外の電話に出ると先ず、ホストマザーが

「日本人の生徒さんを預かってるんだけど、急に泣き出してどうしていいか分からないの!!
何か悪い事したのかしら?!本人と話していただける????」

っと困り果てた様子。

それで、「おっけー。本人とかわってくれる?」っと本人が電話口にでると、取り敢えずものすごい嗚咽が聞こえてきます。

まず話せるようになるまで根気強く話しかけるのですが、最初に出てくる言葉が皆さん

「お母さんに会いたいぃぃぃ!」

なんですね^^

本人は泣いて辛そうなのですが、この言葉を聞くとちょっぴり微笑んでしまいます。

やっぱりお母さんが一番だよね!

10歳やそこらで日本から9000キロ離れたNZへ来たこと自体、すごい勇気だと思います。
1週間、親元を離れて夜寂しくなることもあるだろうけど、明日になったら学校で、一緒にやってきた仲間と会えるから頑張って!

お母さんも君に寂しくて悲しい思いをさせるために送り出したんじゃない。
日本に帰っていっぱい楽しい思い出話がお母さんに出来るように
思いっきり異文化体験をして行ってね♪

banner_02.gif←やっぱり今日もワンポチッ!

| 2008年08月01日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |
Copyright (C) ニュージーランドアカデミー. All Rights Reserved.
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。