ニュージーランドアカデミーTOP  ≫ 月別アーカイブ

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

こんなミスなら大歓迎

7月28日(月曜日)

毎週月曜日は入学日。今日もたくさんの新入生の方が来られました。

わたくし担当の日本人新入生さんはCITY校で3名、ハーウィック校で14名です。

CITY校の新入生の方々は、すでにNZで何ヶ月か過ごされている方なので安心ですが、
ハーウィックが心配です。。。みなさん無事に学校にたどり着けるのか。。。

っと言う事で、朝は8時過ぎから車を走らせハーウィックに移動。
初日はホストファミリーのケアもあり、皆さん全員時間通りに無事に当校して来られました^^

ハーウィックは現在生徒さんの平均年齢が16歳。 土日でホームシックになったりしてるのでは?っと心配しておりましたが、ポジティブ&パワフルな皆さんの様子をみて安心しました。
(「はぁ?ホームシックぅ??家は別にへーキだけどぉ?」ってなもんです。)

Howick school 028

↓ハーウィック校 屋根の落書きはハーウィック7不思議の一つ

Howick school 022

皆さんのたくましい姿を見届けCITY校へ戻ってきたのが10時頃。

帰ってくると先週の金曜日に学校を見に来てくれていた生徒さんがグッドタイミングで来られ、
18週間のIELTSコースに申し込まれました。(目標のポイントゲットしてくださいね!)

そうそう、学校とは関係ない話しなんですけどね、
今日私の住んでいるホテルアパートメントの部屋に手紙が挟んでありました。

それには下記のように記されています。

It has come to our attention that your room has been receiveing a daily housekeeping service.
Under the agreement, your weekly rent entitles you to one weekly service.
The day of your service will now be Tuesday. We can however provide you with a daily service at
an additional cost of $35 + GST per service.

おっしゃる通り。コントラクトを結んだ時には週に1回部屋の掃除をしてくれることになってましたよ。

でもね、、、勝手に毎日やってくれてたんだもぉぉぉん。

It has come to our attention で始まるこの文章は「あんた、、気づいてたのに黙ってたな?」っと責められているようでなんだか落ち着きませんが、間違ってたのはどっちだい??ほっほっほっ(不敵な高笑い)

多少のミスは「ゴメン」で済ませるお国柄。こういうミスから学んで是非今後に活かして頂きたい。(←もっともらしくまとめてみたけど内心は「チッ。気づいたか。。。」と思ってる)

banner_02.gif←間違って押してもOKです。
スポンサーサイト
| 2008年07月30日 | 生活 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

日曜日のミッション

7月27日<日曜日>

4時起床。(注:夕方の4時ではありません。←先週も書いたような。。。)
地球に変動が起きて突然重力が強くなったみたいに体は重たいし、寝てる間に血液が凍結してフローズン状になったように巡りがスロー。

願わくはこのままベッドに戻ってぬくぬくしたいけど、お仕事なのでそうも言ってはいられません。

ここは気合いでベッドの誘惑を振り切り、まだ日も登っていない寒々とした外に出かけて取り敢えずオフィスへ移動。それからキャセイ便で到着する生徒さんのお迎えに空港に参上しました。

通常でしたら空港からそのままホストのお家にお送りするのですが、
滞在先のホストが17時位まで出かけていると言う事で、それまでの間生徒さんと一緒に過ごします。

はてさて、一体何をしたものやら。
景色の良い所にドライブに行こうにも外は雨。
こんな日にドライブに行くと疲れて不機嫌になったりするだけなので止めた方が吉ですよね。

取り敢えず世の中の人たちが起きだす時間までCITY校でお茶でもまーまーっとお出ししていると
眠気が差したご様子でしたので、ここはすかさず毛布を差し出しソファーで一眠りして頂きました。

そうこうしているともうランチタイム。
学校に来ていた当校のDirectorも交えて3人で中華を食べに行きました♪

ドミニオンロードにある三多レストラン。ここの福建チャーハンはとってもグー!($12)
DSC00863.jpg

チキンスイートコーンスープも外せません! ($8)


これにお野菜のお皿3品で計$25のお安さ。3人で食べても残っちゃいました。

ランチの後はニューマーケットでショッピング。それから生徒さんを無事ホームステイ先にお送りして今日のミッション完了です。

でもまた学校に戻って9時まで仕事しちゃったんですよね、ついつい。

banner_02.gif←ついつい押して頂けると嬉しいです♪

| 2008年07月29日 | グルメ | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

NZで歯医者に行こう!

7月26日(土曜日)

外は嵐。でもお家の中には静寂が広がっています。。。

以前一軒家にフラットで暮らしていた時には、嵐になれば雨漏りはするわ、隙間風は入ってくるわ、色んなところがガタガタ音を立てるわで、騒々しいったらありゃしませんでしたが、(一応豪邸だったんですけどね。NZの建築こんなもんです。)

↓オーナーは家が一軒買えるくらいのお金を出して屋根の修理をしてたのに。。。
51.jpg

現在は鉄筋コンクリート造りのホテルアパートメントに暮らしておりますので、外を眺めて「あら、嵐だったのね?」っと一人心地になれる程度に静かです。

明日はまた日本から到着する生徒さんのピックアップに空港に行く予定ですが、
本日はわたくし担当の日本人生徒さんは来られないので、仕事は全て明日に回す事にして
今日は徹底的にダラダラするのです。 

ベッドに横になって、カーテンを閉めた薄暗い部屋の中でお気に入りの作家の本を読みながら、職場で頂いたオカキを食べていると、、、

「ガリッ」

っとものすごく嫌な音が。。。

銀歯が取れたのか、歯がかけたのか。。。恐る恐る確認をしてみると、、、かけてる。

それも「歯には劈開性があったのだろうか?」と思うほど縦にキッパリとかけている。

もう一日の完全オフの幸せを噛み締める気持ちなんて超新星爆発のように吹っ飛んでしまい、
「また歯医者か。。。」と 超 憂鬱な気分にワープ移動。

全くこれだけは簡便して欲しい。
NZに来て7年間、3度ほど歯医者に通いましたが、一本の治療に平均$300。
日本みたいにちょっとずつ治療を繰り返したりせず、大体1日か2日で一気に終わらせてくれるのはありがたいのですが、これは痛い出費です。

はぁぁぁぁ、歯医者に行く時間をつくるのも一苦労だし。。。

でもNZの歯医者に行った時に一つ驚いたのですが、銀歯を入れるとものすごく高くつくので他の方法は無いものか相談したところ、

「じゃあ、抜く?」

って、、、そんなに簡単に抜きませんよぉ!

私の同僚のKOREANスタッフの弟さんも、NZの歯医者で「こりゃー抜くしかないね。」と診断され、
そんな分けないだろ!っと自国に戻って治療をしたところ、無事に自分の歯は残ったそうです。

NZの歯科の技術は世界的にも進んでいると伺っておりますが、歯に対する感覚が違うのか。。。

その辺は知る由もなし。。。

banner_02.gif←カルシウムのたりないうらんに愛の  クリックを!


| 2008年07月27日 | 生活 | comment(2) | trackback(0) | 編集 |

お酒で失敗?

7月25日(金曜日)

今日はとっても良い天気。 明日嵐になるなんて信じられません。。。

DSC00068_1.jpg

本日はまたもう一組高校の語学研修グループが到着するので空港にお迎えに行かねばなりません。

11:00に飛行機が到着する予定なので10:00過ぎには出かけようと、朝からバタバタしておりましたが、そこにIELTSコースご希望の日本人女性が訪ねてこられました。

うぅっ! 出かけねばならんのに、ご案内もしたいっ!

飛行機は11:00到着でもアライバルエリアに出てこられるまで1時間半近くかかるので、まだ大丈夫か? 

ちょっと時間を気にしながらコースの詳細と学校の施設のご案内。そこでTime over。でもまた月曜日に来てくれる事になりました^^

空港で無事グループを迎えハーウィック校に移動。オリエンテーション、ホストとのミートもスムーズに行き、引率の先生をホテルにお送りした時点で17:00。

オフィスに帰ってやらねばならない事は山積していますが、今日は花金ですよ。
出かけねばならんですよっ!

疲れて朦朧としながらもビーチの近くにあるオサレなバーに辿り着き、珍しくカクテルをオーダー。
寒い中ライチのフローズンカクテルを震えながら飲むとちょっと頭がクリアになって来ました。

でも最近は飲む量がめっきり減っちゃって、もう歳ですねぇ~。

ガイド時代は「酒は酔っぱらう為に飲むもんだぁ!」っとばかり、次の日どんなに早い朝のサービスがあろうとも、取り敢えず酔うまで飲んで飲み過ぎシールを毎回張られていたものですが。。。

でも酔っぱらうって不思議。自分で気がつかない間に思いもよらない事をしでかしてしまったりしますよね。

今までもいろいろな失敗談を聞いて来ましたが、例えば・・・

朝起きたら散髪屋の回転する看板(あのブルーと白と赤のくるくる回るやつ)を抱えていたとか、
工事現場の赤の点灯が移動して行く筒を部屋に飾っていたとか、
おもむろに「家に帰るわ~。じゃ、ここで」っと道ばたのお地蔵さんが入っている家の中に入り込もうとしたりとか、居酒屋の飲み台の足を捕まえて「この足くさ~い」を連発したりとか。。。

酔うと人間不思議な行動を取ります。

わたしの場合はですね、、、朝起きるとどこかで転んだのか顔面が削れていたり、、、パトカーで、、、えっと、まあ今日はこの辺で。。。

banner_02.gif←飲み過ぎシールじゃなくてクリックを頂きたい今日この頃。

| 2008年07月26日 | 生活 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

持続力の力

7月24日(木曜日)

以前$3ショップに「根性」書いた短い掛け物があったので、なんとなく購入してしまい、ずっと仕舞ったままにしていたのですが、なにげに今朝だして眺めてみました。

その「根性」という文字の下には

「人間の能力に大きな差があるとすれば、それは持続力、つまり根性の差である」

と書いてあります。

持続力=根性と言われると、「必ずしもそうではないのでは?」と思ったりもしますが、、、
(根性で持続させている時点ですでに本当に能力のある人と差がありそう。。。)

でも持続力は成功の源の一つですよね。なぜか以前から何らかの分野で成功を遂げている人にご縁があって知り合う機会が良くあるのですが、皆さん「一念天に通ず」とでも言うのでしょうか、一つの事をやり続けたり、念じ続けたりする機能が備わっているようです。

何事も、強く願えばなんとやら。。。生徒の皆さんもこつこつと英語の練習を重ねて、「英語を話せるようになりたいっ!」と言う強い願いを叶えて行って下さいね^^

さて、本日はまた1校日本からの語学研修の高校生グループが到着するので空港にお迎えに行って参りました。

当校担当のグループは23名でしたが、同じ日本からの直行便でたくさんの学生団体が来られていたようです。日本は今夏休みですもんね。この時期は語学研修で大忙しです。

空港で先生方にご挨拶をした後、オフィスに帰り、夕方からのTESOL-J-Shineのイベント準備に大わらわ。

「なんでグループが到着する日にイベントを?」と思ったりもしましたが、
なんとかイベントのスタート時間に準備を間に合わせる事ができ、たくさんのエージェントのスタッフの方々、エージェントのお客様方にご参加頂き、とても良い時間を過ごす事ができました。

お越しいただいた方々、どうもありがとうございました。

5週間後くらいにまた、TESOL J-Shineイベントを行う予定ですので、その際にはまた宜しくお願い致します。

banner_02.gif←継続して押して頂ければありがたいです。

| 2008年07月25日 | 生活 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

見た目の損得

7月23日(水曜日)

本日朝7時50分出勤。 通勤に時間がかからなくなった分長く働けます。

当校オークランドイングリッシュアカデミーは、オークランドの街の中心部に1校、オークランドから東に車で30分程走ったハーウィックところに1校学校があります。

CITY校は16歳以上の受け入れとなりますが、ハーウィック校は11歳から受け入れ可能なジュニア向けの学校です。

ハーウィックにはKOREANのスタッフが常駐しているのですが、この時期日本からの生徒さんが増えるので、今朝はハーウィックまで車を走らせ今週新しく入ってきた日本人の生徒さんにご挨拶に行ってきました。

Masami.jpg←全員ではございませんが、こんな感じ。

13歳から17歳位の生徒さんが一人旅で来られるんです。
ニュージーランドは親が安心して送り出すことが出来ると言う事でジュニアには人気があるんですよね。

ハーウィックから帰って来て、現在当校で語学研修中のグループの専任ガイドさんと打合せ。

その後明日から入ってくる語学研修グループの専任のガイドさんと打合せ。

明日から入ってくるそのグループは、当校の教室ではなくNZ現地の高校を利用して語学研修を行ないます。

こんな学校↓
school 2

ですので、当校の手配する専任ガイドを現地校の担当者に紹介するために午後は現地校を訪問。

学校に帰ってくると、在学中の生徒さん達がお待ちでした。
ごめんよぉ~今日はオフィスを空けがちで。。。。

アルバイトを紹介して欲しいって? 任せなさい!金曜日に面接の予約取ったから頑張ってね!

サッカーチームに入りたい? いいですとも。 サッカーチームの監督に入れるかどうか電話かけてみますよ。 …・・(電話中) 明日チームの詳細を送ってくれるんですって!

フラット探してる? 学生ビザの申請の件? コース延長のご相談? J-Shineについて知りたい?  ええ、ええ良いですとも^^ みなさんイラッサ~イ。

日本に居る時には添乗員の仕事を長くしておりましたが、人のご相談にのったりお世話をしたりするのは基本的に好きなタイプだと思い込んでおります。

でもね、、、その割りに、、、どうやらわたくしの見た目はそんなにソフトでも優しそうでも無く、人のお世話なんてしそうに無い様に見えるそうなのです。。。

NZに来たばかりのときは現地ガイドとして働いていたのですが、その際に先輩ガイドから、

「見た目優しそうな人から優しくされてもなんだかふつーだけどさぁ、あんたみたいなのに優しくされると

『まぁぁぁぁ!この人にもこんな優しい一面があったのね?!!』

って些細な事でも感謝されたりするんだよ。。。」 と評価されました。 そう言われるとちょっと得した気分ですっ。 エヘッ♪

banner_02.gif←押してもらえると嬉しいです♪



| 2008年07月24日 | 学校 | comment(3) | trackback(0) | 編集 |

疲れの癒し方

7月22日(火曜日)

普段あまり使っていない脳を、ここ最近無理やりフル回転で作動させたせいか、ついにメーターがレッドゾーンまで振り切れ、、、一回出勤してきたものの一時帰宅。 (歩いて5分ですし。)

ちょっと一眠りしてから学校に出直そうと思ったのですが、脳がまだ慣性で作動しているのか寝れやしません。

しょうがないので寝るのをあきらめてアパートについているスパに入ってその後サウナに移動しようとしたところ。 大きく転倒!大きく転倒!大きく転倒! そりゃー見事なこけっぷりでしたよ。
腕は打つは足は切るはもう大変です。 まーでもサウナには入ったんですけどね。
(ええ、血ぃ流れてますけど、なにか?)

サウナで一汗掻いて学校に戻ると個人でエージェントを営んでらっしゃるかたがお客様を連れて学校に来てくれておりました。 良かった、お会いできて^^

しかし疲れた時のサウナは最高ですね! 汗と一緒に疲れも流れて癒されます。

以前はフラットでサウナがついていなかったので、マウントアルバートのウェーブプールにジャグジーとサウナのためだけに行ったり(その施設の名前にもなっているウェーブプールには浸かった事はございませんけど、なにか?1回$10) アルバニーのサウナに行ったりしていたのですが(1回$24)今は住んでいるアパートについているサウナに入り放題。 嬉しい限りです。

私のストレス解消法はこのサウナとおいしいものを食べる事!

おいしいものと言えば、お勧めはたくさんた~くさんあるのですが、
その一つがこちらの↓ベトナム料理屋さん (その名もベトナムカフェ)
BET1.jpg

ここのね、ワンタンエッグヌードルが最高にうまいのです♪ (もやしはお好みでどうぞっ)
BET2.jpg(一杯$9 お値段もリーゾナブル)

全てを計算しつくしたような絶妙なバランスでコクのあるお出汁が何とも言えません。
どうやったらこんなお出汁ができるのでしょう?

(あとスプリングロールやライチジュース等もお勧めです。)

このレストランはベトナム人人口密度の高いオタフフ地区にございます。よかったらどうぞぅ。

banner_02.gif←よかったらポチッとお願いします♪
| 2008年07月23日 | グルメ | comment(1) | trackback(0) | 編集 |

ちゅープリってなんですか?

7月21日(月曜日)

毎週月曜日は入学日。 本日はグループツアーの生徒さんを入れて16名の新入生をお迎えしました。

グループツアーは日本の高校からお越しの7名様。 久々にゆっくりと女子高生の皆様方とお話しする機会が得られましたが、ところどころで理解できない言葉が多発。

「ちょっと待って。今の言葉の意味は何???」っと何度も話しを中断させてしまいました。 申し訳ない。

どんな話しだったかと言いますとね、、、引率で来られている先生が「教台にチョーク入れを忘れていったらそのチョーク入れの裏が一瞬でぷりクラのシールだらけになる。」とおっしゃったところから
プリクラの話題に突入したんです。

「プリちょーなんて中学までだよ。」 ←これはなんとなく察しがつきましたよ。プリクラのシールを貼る
                       NOTEBOOKのことでしょ?

「○○がさぁ、ちゅープリしてるの見つかってやばいんだって!」

ちゅ、ちゅ、ちゅープリ??! ちゅープリって何ですか??! ←ちょっと小声で聞いてみました。

中学生のプリクラ? 中学生はプリクラ禁止でそれをしてるのを見つかったからやばいとか?

中途半端なプリクラ、宙に浮いたプリクラ、、、、どれもやばそうにありません。。

高校生の解説によると「ちゅ~」(所謂キス)をしながらプリクラを撮ることらしいのです。(奥さん知ってました?)

いやはや。高校生は言葉の魔術師ですね。。。聞けば「おおぅ!」っと思わず納得するような面白い言葉をたくさん造っていらっしゃる。 その感性をいつまでも持ち続けて頂きたいですね^^

さてさて、話はかわりますが先日CLEVEDONの町に行く途中タマゴ屋さんに立ち寄ったのでそのご紹介。

ARDMOREという地区にあるこのタマゴ屋さん。看板が一際目立ってます。(看板の機能を充分果たしている看板です。タマゴが無いのが惜しいですね。90点!)


KOKO1.jpg

中にはずらりとタマゴが並んでいます。

KOKO2.jpg

トレーで買うも良し、またはダースや半ダースの入れ物が置いてあるのでそれに自分の好みのタマゴを移して買うも良し。

NZに来て不思議だったのがスーパーのタマゴの賞味期限の長い事。余裕で1ヶ月位置いています。
タマゴをフライパンに落としても、ふにゃ~っと張りのない白身が四方八方に拡散していくのですが、
ここのタマゴは違います!

フライパンに落としてもジムで鍛えた筋肉のようにプリップリップリッっと3段に盛り上がるのです。
これなら卵掛けにしても大丈夫。

1ダースで$3.50。料金も良心的です。

それで、、、昨日買ったんですよ。1ダース。。。でもね、今もまだ友人の車の中にあるんです。

それじゃ~新鮮なの買ったって意味無いじゃん!って思いますよね~。まったく。。。


banner_02.gif←クリックお願いします。(っていう意味の造語はありますか?)


| 2008年07月22日 | グルメ | comment(4) | trackback(0) | 編集 |

Clevedonの休日

7月20日(日曜日)

本日は6時起床。 日曜日ですが6時起床。今日も釣りという訳ではございません。
ズバリお仕事 

いやはや。。。日本の友人達はさぞかし私がNZでの~んびりと暮らしているとお思いでしょうが、、、はっきり言って同様に働いております。(決して日本に居た時以上とは言いませんけど。。。。でも大きな違いは日本に居た時は当たり前に働いていたのが、今は好きで勝手にたくさん働いているといったところでしょうか。)

本日もNZに到着される日本人生徒さんのお迎えに空港に参上しました。

16歳の女の子の一人旅。 一生の思い出をたくさんたくさん作って頂きたいですね^^
ホームステイもとっても親切な方達で、安心して送り届ける事ができました。

さあ、その後。 

本当はまたオフィスに行って仕事をするつもりだったのですが(語学学校以外の)、ついつい誘惑に負け友人とドライブに出かけちゃいました。 あはぁ~♪ 意思薄弱ですねぇ~。

本日はオークランドから来るまで50分程走ったところにあるCLEVEDONという町に行ってきました。

このCLEVEDONの町を訪れるのは2回目ですが、ここにはとっっっっっっってもらぶり~なチョコレートショップがあるんです。

choco 1

チョコレートショップと言うからには、お店に入ればチョコレートがそこかしこに置いてあるのはあたりまえなのですが、このお店の目玉はなんと言って「ホットチョコレート」

choco 2

「ホットチョコレート」をオーダーしてそれを受け取った際には

「こんだけかいっ?!」

っと突っ込みを入れたくなるような小さな小さなカップにそっと遠慮がちに注がれてくるのですが、

これがとっても強烈に濃厚なのです!

この「本当にチョコレートを溶かしただけなのでは?」というようなトロトロ感。
溶岩を彷彿とさせる緩慢さで口の中に流れこんできます。

はぁ~。もう出るのはため息と「トレビア~ン」と言う言葉だけ。 (←ちょっと言いすぎました。)

歯がむずくなるような手加減のない甘さ加減が何とも言えません。

甘いもの好きなかたは是非一度お試しをっ!

(ちなみに一杯$3です。)

banner_02.gif←ちなみにワンポチ無料です。何卒宜しくお願いします。


| 2008年07月21日 | グルメ | comment(3) | trackback(0) | 編集 |

検問の受け方

7月19日(土曜日)

4時起床。。。(注:夕方じゃなくて朝4時です。)

ベッドの引力を普段の10倍くらい受けながらもフルスロットルで何とかベッド圏脱出に成功。

こんなに早く起きた理由は釣りではございません。 ズバリお仕事。
本日学生さんが6:05にオークランド国際空港にキャセイで到着するのでそのお迎えです。

普段はガイドカンパニーに空港-ホームステイ間の移動は外注したりするのですが、
日本人の生徒さんは極力日本人担当のわたくしがお迎えに伺うようにしております。

キャセイは予定より30分遅れでオークランド空港に到着。お客様にミート出来たのはもう8時近く。。。

そしてアライバルエリアに出てこられたお客様に元気よく日本語で挨拶をしたところ、
「私は日本名で日本の国籍を持っていますが日本語は殆ど話せません。。。」っとたどたどしい日本語で説明され、、、「お迎えは私でなくて良かったのかも。。」っと軽く目眩を感じながらもホームステイ先までご案内。

ホストはとっても感じの良い方で、今日から早速一泊二日で旅行に行くので連れて行くとの事でした。 ちょっと過酷なスケジュールですが、NZ北島を満喫して来てください♪

実はわたくしNZの現地ガイドを3年間しておりましたので、こんな朝の早いトランスファーはあまり苦になりません。

でもやっぱり歳のせいか、、、以前は朝の早いトランスファーがある時でも夜な夜な暴飲暴食を繰り返していたのですが、今はもうそんな事をする勇気がございません。

昨夜も9時過ぎに友人から飲みのお誘いがございましたが「もー無理です。動けません。」とキッパリお断り。

お酒と言えば、現在日本は飲酒運転の取り締まりと罰則が非常に厳しいそうですね。。。

NZも夜だけではなくお昼にも検問を行ったりと、徐々に取り締まりが厳しくなってきているようです。
(昼間っから皆飲んでますからね。)

NZではこの検問の時、警察が差し出す機械のバーのような物に向かって自分の名前と住所を話しかけて酒量を測定します。

しかし、警察が「じゃぁ~名前と住所を言って下さい。」と言っても、
今一要領が分からない方もいらっしゃいます。

私の友人もその一人。。。

警察が名前と住所を言ってと差し出したバーに向かって

「はぁぁぁ~~~~」っとおもいっきり息を吹きかけた友人。

「・・・??? 名前と住所を・・・」 (警察)

「はぁぁぁ~~」(友人)

嫌だったでしょうね~。警察の方。何だってこの人は「○い息なんか吹きかけるのかしら?」って思ったに違いありません。

私が警察だったらもうレベル4で連行です。(飲んでなくても何かやってるに違いない)

皆さんも、NZで検問にあっても決して息は吹きかけないで下さいね♪

banner_02.gif←ここは息を吹きかけずにポチっと押して下さい。


| 2008年07月20日 | 生活 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

イルカのジャンプにご用心

7月19日(金曜日) 

朝一番に自分のブログに貼り付けているおみくじを引いたら「大凶」がでたので結構へこんだうらんです。

まあ、それはさて置き、

本日は午後に日本の高校からの語学研修グループが到着するので朝からちょっとソワソワソワソワしておりました。

この学校はもう20年間毎年NZ研修に来られていて、そのうち16年間当校で受け入れをしているお付き合いのなが~いグループです。

私はオークランドイングリッシュアカデミーで勤める前に○T○という旅行会社で働いていたのですが、
このグループのNZ到着と出発日の空港-学校間のバスやガイドの手配等などはその○T○がしているので、今回グループに同行して来られる先生にも3年前に前職のスタッフとしてご挨拶をしたことがございます。

先生もしっかりと覚えてくれており、前回の思い出話しと来年の計画について盛り上がりました^^

継続して来て下さっているので気心もしれており、全てが非常にスムーズに進みます。

これからも末永くお付き合いの程宜しくお願い致します♪

さて、昨日の釣りのコンペの話の続き。(まだ海ネタ続きます)

ファンガマタのコンペ期間中天候があまり良くなくてちょっと海が荒れたりもしたんですね。

それでしっかりとおニュウのライフジャケットを購入してきていた友人がそれを装着。
船には一応救命胴衣がつまれていますが、他の人は誰も着けません。
でも取り敢えず「自分だけ助かろうって言うのかいっ??」とつっこんでおいたところ

「すみません。みんなは救えませんでした。。。僕一人では無理でした。。。」(関西のイントネーションで)

なんて本人はぶつぶつと一人助かった時のスピーチの練習に没頭中。
(先のそのまた先の事まで考えて準備に余念のない友人に思わず感服・・・えっ?違う?)

コンペ中は荒れた天候でしたが、オークランドからファンガマタの往復時は非常に天候に恵まれました。

そんな中、イルカの群れに遭遇。(っていう程大げさなものじゃなくて良くいるんですけどね。)dorfin.jpg←ちょっと分かり難いでしょうか?奥に2頭の背びれと手前にもうっすらと白い影が。。。

「ひゃ~っっイルカちゃーん♪♪」 なんて喜んでいる場合ではございません!!

皆さん船べりから非難して下さい! 船室に入るもよし、2階があれば2階に非難!

なぜかといいますと、イルカはジャンプをしますよね? 

私がニュージーにいる7年間で、イルカがジャンプに失敗し、ボートに乗り上げ乗客を押しつぶした事故が2回ありました。 NZでサメに襲われたというニュースはまだ耳にした事がございませんが、
イルカのジャンプにやられて病院送りがに・か・い・です。 (どちらも意識不明の重体でしたがその後は知りません。)

イルカって何キロあるんですか? 200キロから300キロはありますよね?

そんなイルカが飛んでくるなんて、、、例えるなら小錦にムーンサルトプレス、いやシューティングスタープレス等の技を掛けられるようなものです。

恐ろしい。。。それは恐ろしい破壊力でしょう。。。

皆さんもイルカの群れに出会ったら充分注意をして下さい。

もしも非難をする場所が無いボートに乗っている際に群れに出会ったら、速やかにイルカの群れを離れるように。。。

banner_02.gif←サルも木から落ちるし、イルカもボートに落ちるし、ドンマイってことで。

| 2008年07月19日 | 釣り | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

ブルーマーリンだって釣れちゃうんです。

7月18日(木曜日)

本日は日本人のトライアルの生徒さんはいなかったので、本来ならば担当する生徒さんはいないはずなのですが、先日当校を突然訪ねて来られてご案内をした香港人の女の子が今日のトライアルに参加をされたので、珍しく日本人以外の生徒さんを対応。

9月まで別の学校に通う予定なのだそうですが、もう来月には移って来る勢い。

なんせうちの学校は現在中国人が2名しかいないので(全体のほんの2.5%)この環境を大変気に入られたようです。

中国の生徒さんが2名というのはさすがに寂しいので、是非是非お越し頂きたいですね♪

お昼過ぎには留学エージェントのニュースタッフの方が当校の見学に来られましたのでその対応。 

そして日本からの語学研修のグループも続々とこれから到着されてくるので、現在その準備作業で
ちょっぴりオーバーフロー気味。。。(でもまだ猫の手でもいいから借りたいなんて思うほどでは無いですが。)

さてさて、昨日釣りに行ったときの写真が届いて来たのでその話題に触れましたが、、、今日もちょっとその流れで釣りについて。。。

友人がクルーザーを持っているので、今年の2月にそのボートに乗ってファンガマタの釣りコンペに参加して来ました。

600チーム位がエントリーしていたそうなのですが、ななななんとっ!そのコンペで優勝しちゃったんです!!!

fish←最初の引きがあってからなかなか魚が上がってこなかったので、「マグロじゃない?」とか「サメだろきっと?」なんて、必死で糸を巻き上げている友人をよそに色々な憶測を展開しておりましたが、、、こ、この横っ腹は。。。。

Fish.jpg←160キロのブルーマーリンでした!

大会期間中天候もあまり良くなかったせいか、ブルーマーリンの中ではそこまで大物でもなかったにもかかわらず、あっけなく優勝。

チームの皆はファンガマタでは全く知らない通りすがりの人にも「おめでとう!」「おめでとう!」「おめでとう!」と声を掛けられるちょっとした有名人になってきました。

cap.jpg←こんな帽子をかぶってるおじさんにもお祝いの言葉をかけてもらいました

いや~でもなんだかブルーを乗せて港に戻るときにはちょっぴりデラックスな気分を味合わせて頂きましたねぇ。

これで梅●さんとか●方さんとかの仲間入りです。 「最近タッチャンどうよ?」って感じですね(?)

次は本気でメキシココンペを狙っているチームメンバー。テキーラを飲んで「アミーゴォ~」なんて言いながらまずはイメージトレーニングに日々励んでおります。

banner_02.gif←メキシコ大会に向け応援の一票をっ!






| 2008年07月18日 | 釣り | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

釣り天国ニュージーランド

7月16日(水曜日) 今日はオークランド、なんだかどんよりとした天気です。

本日は3名の日本人の方がトライアルレッスンに参加されました。

皆さんしっかりとした目的意識を持たれた方達で、お話していてとっても清々しい気持ちになりました。
すばらしいですね~♪ 是非このまま夢に向かって邁進して頂きたい。

午後には個人でエージェント業を営まれている方が学校の訪問に来られました。
インターネットで留学相談をされている方で、よく当校を勧めて下さっています。
これからも何卒ヨシナニお願い致します。

さて本日は、1ヶ月程前に釣りに行ったときの写真が友人から届いて参りました。

Fish1.jpg←なんせ大漁。 クーラーボックスからあふれ出る鯛の様子。
Fish2.jpg←並べてみるとこんなです。 手前はカウワイ君で、奥がスナッパー様
                  アジ吉も混じってます。これを8名で分けてお持ち帰り。

カウワイ君は味噌とみりんに漬けてホイル焼きに、スナッパー様はカルパッチョにして頂きました。
アジ吉は「新鮮なアジが食べたい。」と言っていた友人に贈呈したところ、お返しにサンマさんを頂戴しました。もうキッチンは魚だらけ。

でもニュージーランドは釣り天国ですねぇ~。 船をうまくポイントにつけると竿を下ろしたら釣れる下ろしたら釣れると忙しい事この上ありません。

ただNZはお持ち帰りしていい大きさが決められている魚が多く、この規定を破っているのが見つかると、多額の罰金が科せられ、魚を釣っていた船も没収、港まで行くのに車を利用していたらその車も没収(?なぜ?)、もちろん釣った魚も没収という、そりゃーもう網走の寒さのように厳しい制裁が加えられます。。。

はて、この規制は魚の個体数が減るのを防ぐのに一役買っているのでしょうか?

大人がいなくなっても、子供がいれば未来の希望が持てると言うことなんでしょうねぇ。きっと。
一度釣り上げられた魚が生存できる確率がどの程度かは知りませんけど。。。


**本日はですね、初めてコメントを頂きました!!とっても嬉しくってすぐ返信したかったのですが、
なんせブログ初心者なもので、どうすれば返信できるのかと現在オロオロ中なのです;;

banner_02.gif←よ~っ ぽちっ!




| 2008年07月17日 | 釣り | comment(4) | trackback(0) | 編集 |

食べたっていいじゃな~い?

7月15日(火曜日)

早いもので7月ももう半ば。。。本日は特に来客はなかったのですが、中国に行っていた当校のDIRECTORが帰って来たのでなんとなくせわしい雰囲気。

ま、それは良いとして、、、今日は当校の生徒さんが申請している学生ビザの件でイミグレに連絡を致しました。

以前はいくら電話を掛けてもなかなか繋がらなかったのですが、ここ最近すんなりと繋がりしかも係りの人の対応が親切。

「おかしい。。。こんなはずはない。。。何かあったな。」なんて勘ぐってしまいます。

対応は親切でも、やっぱり手続きはすんなりとは行かないんですけどね。


話は変りますが、もうすぐ北京オリンピックですね。 なんでも北京ではレストランに犬料理を極力出さないように通達が出たとか。。。
「犬料理をオーダーされた場合、辛抱強くお勧めをして違う料理に変更してもらうように。」と指導されているようです。

以前NZ首相のヘレンクラークさんも、韓国に行った際に犬を食べる文化を非難して話題になったことがございましたね。

でもクジラほどじゃないですが。。。

ここで不思議に思うのが、なぜクジラを食べる習慣がこれ程世を騒がせるのか?
なぜクジラを食べる行為が極悪非道扱いされるのか? 

そこで身近な動物愛護運動に熱心なNZ人に聞いてみました。

「なんでクジラを食べちゃダメって言うの?」

「そりゃークジラはらぶり~だからさ

「…。」 ふ・ざ・け・る・な

そんな事でクジラ産業に関わる多くの人間を生活の危機に追い込もうというのか?

らぶり~だからって、、、じゃ子羊さんはらぶり~じゃないのか?子鹿さんだってらぶり~だし、子牛さんだって充分らぶり~だぁ!

ま、らぶり~だからというだけでは納得出来ないですよね。 

ある行為を阻止するためには、皆の納得の行く説明が必要となるかと思いますが、これだけ捕鯨禁止運動が活発に行なわれているにも関わらず、未だに禁止されていないと言う事は、反対運動をしている人達の主張が「らぶり~だから」の域を脱していないのか?

食べるの止めて欲しければ皆をうならせるような理論を是非展開して頂きたい!

今度は調査捕鯨をクジラを殺さずに出来る方法を探すなんて言っているようですが、
調査捕鯨なんてクジラを食べる側に合法的にクジラを取って食べる逃げ道をつくって
お互いに譲歩する手段じゃなかったの? 私はそう思ってましたけど。。。

別にクジラを食べるのが好きって訳でもないですが、「食べたっていいんじゃないのぉぉ?」って思っている次第です。

←捕鯨賛成の人はこっちをぽちっ
←反対の人はこっちをぽちっ。 
注:カウントの結果は公表できません。
banner_02.gif

| 2008年07月16日 | 文化 | comment(1) | trackback(0) | 編集 |

NZの病院

7月14日(月曜日)

本日も11名の新入生が来られました!でも今回はめずらしく日本人生徒は1名だけ。。。
ま、あんまり日本人の生徒さんが増えすぎても全体の国籍比が崩れてしまうので
今回はこの辺で簡便しておいてやるか。(?)

さて、今日もエージェントの方が訪ねて来られたり、先生がお願い事をしに来たり、今週末にやってくるグループツアーの準備をしたり、生徒さんとおしゃべりしたり、ぱたぱたとしておりましたが、
一人の日本人の生徒さんが目の不調を訴えてこられたので、早速病院を手配して病院まで送り届けて参りました。

この生徒さんは日本の●I●保険に入ってこられていたので、特定の病院でキャッシュレスサービスで診察が受けられます。(このサービスを利用すると一旦お金を立て替えて後から請求する必要がありません。)

医療通訳もキャッシュレスで手配できるので、お医者さんとのやり取りにも困りません。
本当に便利ですね。

保険無しで診察を受けると一回NZ$70ほど診察料がかかります。これに通訳代や薬代が加算されるとなると、一旦立て替えると言ってもちょっとしり込みしちゃいますよね。 

NZの病院と言えば、いつもお医者さん、看護婦さん不足で困っているという話を聞きます。
(他の国よりも給料がやすいんですって!!) たまにストライキとかしてますしね。
ちょっと前には血液検査をする人達がストライキをして血の検査が滞ってたっけ。。。

あ、そうそう、半年前くらいにかわいそうなニュースがあってましたが、とある男性が末期がんで余命数ヶ月と言い渡され、家も売り払って家族と「豪遊」とまではいかないまでも、最後の数ヶ月で良い思い出を作ろうと楽しく過ごしたんですって。

でも数ヶ月経ったけど、、、、なんとも無いし。。。???っとお医者さんに行くと、

「間違いだった。ゴメン。。。」ってまじっすかぁぁぁぁ?!!

家とか売っちゃいましたけどぉ?? 

家族曰く、「もうもとの生活には戻れない。何か保障をして欲しい。」  
(そりゃそうでしょう。。。そりゃもっともだ。)

他にも色々をニュースを聞くにつけ、一言アドバイスをするならば
「NZでは病気にかかるな。」ということですね~♪

banner_02.gif←さあ今日もファイトーいっぱぁぁつお願いします。


| 2008年07月15日 | 生活 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

わかってくれとは言わないが。。。

7月13日(日曜日)

休日も朝8時頃には起床するのですが、今日はあまり体調が良くなくベッドでうだうだしているとあっという間時間が経ち、ベッドの引力と戦いながらやっとの事でベット圏脱出できたのがお昼の12時。

う~~、出かけたくないけど今日は買い物に行かないと。。

今日は何としても炊飯器とフライパンと体重計をゲットせねば。

ニューマーケットと言う地区にある生活雑貨のお店で上記3点を購入。

フライパンNZ$40
炊飯器NZ$30
体重計NZ$40

帰りに駐車券をただにしてもらえるよう、係りのおじさんの所に行くと

「その炊飯器いくらで買ったの?」とおっさん。

「NZ$30ぐらいだったけど。何で?」と聞くと

「高いと思わない?」

「…。」

NZの人達はお米を鍋でぐつぐつ炊いてパサパサのサラダのような感覚で食べる方が多いのですね。
鍋で炊けるものをわざわざ炊飯器なんて買わなくて良いじゃない?という事なのでしょうか。。。

しか~し、やっぱりここはお米が主食の日本人。鍋なんかじゃなくてしっかりと炊飯器で炊いたご飯をいただきたい。
本当は日本のジャーが欲しかったのですが、日本食専門店に置いてあるジャーのお値段をみるとなんとNZ$500もするのです。(日本で買ったらきっと1万円もしないだろう品が何と5倍!)

それはダセン!と思って仕方なくNZ仕様のジャーにしたのですが、まぁ鍋よりもまともに炊けます。

それでもおやじさんは、こんなものにお金をかけるなんて。。。っと不思議そう。
もうおやじさんにしてみれば「こんなものが製品として存在すること自体不思議。」という感じ。

まぁ、そういったものって多々ありますよね。 

私だって天ぷらジャーを一般家庭で使っているのは不思議だし、(そんなもの使ってたらキッチンがジャーだらけになっちゃうじゃん)
冬場にホットウォーターボトル(湯たんぽ)が飛ぶように売れているのも不思議。(ヒーターつければぁ?)

これも文化の違いと言う事で。。。


banner_02.gif←あるあるっという方ぽちっとクリックお願いします。


| 2008年07月14日 | 生活 | comment(1) | trackback(0) | 編集 |

フェアウェルセレモニー

7月11日(金曜日)

当校オークランドイングリッシュアカデミーでは毎週金曜日の11時過ぎから15分程
卒業する生徒さんのフェアウェルセレモニーと、その週に入学してきた生徒さんのご紹介をしています。

新しい生徒さんのご挨拶は、名前と何処の国から来たのか発表するだけなのですが、
卒業する生徒さんたちはしっかりと英語でスピーチをしてくれます。

「あぁ、随分立派になって。。。」っと毎週うるうるしてしまうんですよね。。。

さて、本日はそのフェアウェルパーティーの会場にもなっているSTUDENT LOUNGEのご紹介。




おちついた雰囲気でしょう?
昔はテーブル席を設けていたのですが、そうするとグループが固まりやすいと言うことで、全てテーブル席を撤去してオープンスペースにしています。こういった細かい配慮をいたるところに行き届かせて国籍の壁を取り払うように勤めている甲斐あって、うちの学校は同じ国の人同士で固まっているということがないのです!!

ラウンジには14台のPCが置いてあって全てハイスピードに繋がっています。ラウンジのPCには日本語の環境も入っているのでメールを送ったりするのにも利用できますね^^
PCの利用時間は朝の7時30分から夕方の17時までです。

あと電子レンジやコーヒーマシン等の設備もついています。

ブレイクタイムにはラウンジのテレビでスカイムービーを上映したりもしているので
ソファーでゆっくりと映画を鑑賞しながらリラックスしていただくことも可。

<<うっきーさんのワンポイント英会話>>
Which kind of room would you prefer?
(どのようなお部屋が宜しいですか?)

banner_02.gif←やっぱり落ち着ける部屋が良いでしょう??
| 2008年07月13日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

エージェントの方おいでませ。

本日は7月10日(木曜日) サボるものでどんどん日にちがずれていっております。

さてさて、本日はNZで有名なエージェントの方が当校の見学にお越しになりました^^
じっくりとたっぷりと学校設備からコース内容からご案内させて頂きましたので、
これからその得た知識を惜しみなくエージェントのお客様達にご案内していただければと思います♪

本日は学校の受付の写真を添付してみました。
受付


受付に誰も見当たらないときにはボタンを押して頂くと、下記のうち誰かが出てきます。

*恰幅の良い豪快に明るいKOREAN女性
*大和撫子な日本人女性 (←もちろんあたし)
*合気道家の笑顔が素敵な初老の日本人男性
*チアフルで頭がよさそうなKIWI女性

さあ、誰がでてくるでしょう? ためしに来て見て下さい。(あ、でもピンポンダッシュはダメよ)

<<うっきーさんのワンポイント英会話>>

Could you fill out the registration card, please ?
( レジストレーションカードの記入をお願い致します。)

to fill out a form (印刷物へ記入)
to write down on paper(メモなどへの記入)
to draft a telegram (電文を書く)

banner_02.gif←Could you push this button please?



| 2008年07月12日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

7月9日(水曜日)日報 :トライアルレッスン

7月9日(水曜日) 

本日は9名のトライアルの生徒さんがお越しになりました。

わたくし担当の日本人トライアルの生徒さんは5名様でしたので大忙しです。(嬉しい悲鳴ですね^^)

たくさんの方に実際に授業を体験して頂いて、当校の良さを知ってもらえればと思っております!


当校のセールスポイントをこれから徐々に小出しにご紹介させて頂きたいと思いますが、

ポイントと言えば先ず最初にそのロケーションの良さが上げられます。


Photo 1


当校の住所はLevel 4, 242 Queen Street, Auckland, New Zealand

ニュージーランドの商業の中心地オークランドのメインストリート、「クイーンストリート」沿いにございます。
もう本当に「ど真ん中」と言った感じで、何処に行くにもアクセスが良い便利な場所です。

ニュージーランドは公共の交通手段が今一発達していない国です。

日本は鉄道の駅を中心に街が形成させれているので便利ですが、なぜかNZの鉄道の駅は住宅街からちょっと離れた不便な場所にあります。

しかも電車なのに走ってくるお客さんを待ってあげたりなんかするもんだから、朝の通勤時間も普通に40分とか予定より到着が遅れてしまったりなんてことも多々あって、はっきり言って不便。

公共の交通手段ではバスが一番多く利用されておりますが、そのバスも街の中心から放射線状に路線が延びているので、一旦出かけた場所から別の所に移動しようと思ったら、また街の中心部に戻ってこなきゃならなかったりします。。あ~不便不便

ですので、学校の場所は街の中心部に限るのです。 (ちょっと離れた場所にホームステイをしていて近所に学校がある場合は別ですが。)

イミグレーションオフィスも近くにあるし、IRDを申請できる場所もすぐ近くにあるし、銀行だって近くにあるし、バス停だって、映画館だって、美術館だって、マックだって、スタバだって!!!み~んな近くにあるんですぅっ!

ということでロケーションは★★★★★

明日は学校内をご紹介します。


<<うっきーさんのワンポイント英会話>>

Any second year students can read this book.
( 2年生であれば誰でもこの本を読めます。)

肯定文にanyを用いると、anyone, anythingのように「誰でも」「何でも」という意味で、every, allの意味を強く表現することになります。


banner_02.gif←誰でもこのバナーをクリックする事ができます。 (どうぞっ!)

| 2008年07月10日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

7月8日(火曜日)日報 J-Shine

7月8日(火曜日)

本日オークランドは快晴。
今日はチェコからのトライアルの生徒さんが一名いらっしゃいましたが、私の担当外なので午前中は予定していた作業を進める事ができました。

語学学校のADOMINで働いていると、来客や電話等々で作業を中断する事が多いので、なかなか予定通りと言う訳には行かないんですけどね。。

本日は日本へ向けて、当校で今度認可が取れたJ-Shineについてのコース案内を発信したりしておりました。
ニュージーランドでこのJ-Shineが取得できるのは当校を入れて2校だけとなりますので
ご興味のある方は是非ホームページをご覧下さい。auckland english academy
 
そして本日午後には4軒のホームステイビジットに行って参りました。
当校ではホームステイの手配も行っているのですが、新しく登録をする家庭は必ず訪問をして
ホームステイの受け入れができる条件が揃っているかどうか確認をします。

今回訪れたところはどこもとっても親切でフレンドリーなKIWIのご家庭でした。
これでしたらうちの大事な生徒さん達を安心して預かってもらえます。(合格!)

こういった家庭でたくさんの方達に異文化体験をして頂きたいですね^^

<<うっきーさんのワンポイント英会話>>

There is no man but loves his home.
(自分の家庭を愛さない人はいない)

There is no~but...「...しない~はない」  butはthat...notの意の関係代名詞
(= There is no man who ( or that ) does not love his home. )

banner_02.gif←このバナーのクリックを一日一回しない人はいない。 さあ言ってみよう!(さあ押してみよう!)
| 2008年07月09日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

7月7日(月)日報

7月7日(月曜日)本日は七夕ですね^^

幼い頃は短冊に願い事を書いて笹に吊るしたものです。。。何を書いたか全く覚えておりませんが。。

さて、本日は月曜日という事で、新しい生徒さんの入学式。
今回は12名の新しい仲間が増えました。(ぱちぱちぱちっ)

韓国人6名、日本人3名、フィリピン人2名、サウジアラビア人1名。今回は韓国人が多かったですね。(うちの学校は比較的韓国人が少なく全体の30%位。中国人は4人しかいないし。。。ちょっと他の学校と国籍比率が違うのです。)

皆さんばりばりと英語の練習もアクティビティーも楽しんでいって下さいっ♪♪

そして今日は日本からのお問い合わせもたくさんあり慌ただしい一日でしたが、
6時半には何とか仕事も終え、またまた飲みに行って参りましたぁ!

今日は個人で旅行会社を営んでいるMr.G氏と一緒に、ミッションベイにあるマッスル料理のおいしいお店にて、ベルギービアとマッスル、オイスターを楽しんで来ました。
オイスターもぷりぷりして最高においしかったです。

Mr.G氏は個人旅行の手配からガイディング、留学のサポート、ロングステーや移住のお手伝い等等、オールマイティーに手広く一人でこなされているいらっしゃいますが、色々と興味深いお話を聞く事が出来ました。

NZは人口が少なく限られた市場なので、自営して成功されているかたはアイデアマンが多いですね。

<<うっきーさんのワンポイント英会話>>

It is not too much to say that he is a genius.
(彼は天才と言っても過言ではない。)

It is not too much to say ~ 「~と言っても過言ではない」

banner_02.gif←クリックしながら覚えるとしっかり頭に入るかも(?)
















| 2008年07月08日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

7月6日 休日日報

7月6日 (日曜日)

本日無事って程ではございませんがに引越が終了致しました。 ふ~。。。

NZで何か行動を起こす時にはトラブルが付き物です。

例えば今日だって、15時から入居可能って1週間前にも確認して前日にも確認しているにも関わらず、現場に到着をすると「予定していた部屋は18時過ぎまで入居できません。」とか言うし。。。

数年前までのわたくしでしたらフロントでひと暴れするところですが、今となっては「だよねぇ。」と
「じゃ~19時位に来たら良いの?」何て訊いてしまう始末。

NZに来て学んだ事の一つがこの「諦める」、別の言い方をすると「無駄な労力は使わない」という事です。

職場でもNZの人たちは、例えば何か失敗をしてもとてもポジティブです。「やっちゃったものは仕方が無いでしょ?こういう事態になったのだからそれを改善できる方法を探すのが今自分に出来る唯一の事なのよ。」何て言ったりします。(こっちが言い聞かされている感じ。。。)

そこで、「反省は? ねーねー反省は?」なんて思ってしまいますが、こういう方達を相手に血圧のメーターを上げて「15時に入居って言ったんだから何とかしなさいよ!」っとぶりぶり怒っても、
「だから部屋は無いって言ってるじゃない部屋が無いのだからどうしたって入れないのよ!! 自分たちに今出来る事は待ってる間のお茶代出すぐらですけどっ!」

なんて逆にキレられるのがオチです。そこでさらにだだを捏ねて「責任者だせぇ」とか騒いで多大なエネルギーを消耗して得られる物はせいぜいワイン一本位。
そんな労力を使ってワイン一本貰う位なら、キッパリと潔く諦めて自腹で飲んで待った方が後味も悪くなくて良いのです。

ニュージーランドで生活をする人たちは、こんな「言ってもしかたないし。」という諦めの経験を
もうウェディングケーキのように重ねているのでしょうね。。。

日本のように悪天候で飛行機を飛ばせない航空会社に対して「飛ばせ~!俺の仕事をどおしてくれる~!!」っと理不尽な怒りをぶつける客に、本気で「申し訳ございません。」っと謝る日本の体質もどうかと思いますが、あまりにも反省しないのも成長が無いのではないかと思う今日この頃。

ま、取り敢えず今日中に引越が片付いたのでよしってことで^^

<<うっきーさんのワンポイント英会話>>

It is no use arguing with her.
(彼女と議論しても無駄だ。)

It is no use ( or good ) ~ing 「~しても無駄である。」
(=It is useless ( or of no use ) to argue with her. )

banner_02.gif←ぽちっと一票お願いします!



| 2008年07月07日 | 生活 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

休日日報

7月5日(土曜日)語学学校はお休みです。

昨晩は金曜日の夜と言う事で、歯科技巧の会社をニューマーケットで営んでいる飲み仲間H氏と一緒に和食レストランへ行き、おいしい料理とワインを戴いて参りましたぁぁ。(飲んでいる時とおいしい物を食べている時が最高に幸せです)

そして家に帰って来てごそごそごそごそ活動をして今したら夜中3時近くになってしまい、
本日11時起床。

く~っぅ、今日は寝ている場合ではなかったのに!
実はわたくし明日引っ越しなのです。

2年間、North Shoreにあるデラックス御殿に暮らしておりましたが、

DSC00070.jpg


現在のフェリー通勤は不便だし、「CITYに引っ越しましょうそうしましょう」っと思った際に、
街の中心に良い物件が見つかったんです!いつも一杯でタイミングが良くないと入れないアパートメントホテルなので、今回はラッキーでした。

そしてさらに、CITYに引っ越すと車を維持できないので売らないといけないのですが、
これまたラッキーな事にすぐに買い手が見つかったのです。

引っ越せって事だったのでしょうかね。。。とにかく昼からパッキングを始めて、
「今日は徹夜かも」なんて思っていましたら、5時間位で案外サックリと終わってしまいました。

もともと物をあまり取っておかないように心がけているので、(本とかも読んだら片っ端から捨ててしまうし。)7年NZに住んでいる割には持ち物が少ないのでしょう。

とは言ってもスーツケース一つと段ボール一つで入国して来た時に比べると軽く5倍位にはなっておりますが。。。

一体全体何が増えたのかしら?っと思いながら荷物を見ていると、先ず洋服、本(まだ読んでないもの)調味料、食器、電化製等々が増えていて、後、これは手紙とか寄せ書きとか写真とか、、、
なんだかゴミとして扱いにくいものがどんどん溜まってきているんですよね。。。

こういった引越の時位しか目に触れないような物が大半なのですが、人間ってこういう捨てられないものを一杯持っていて、身軽に動けない事が多いんでしょうね。

<<うっきーのワンポイント英会話>>

What a lonely world it will be with you away.
(君がいなくてはどんなに寂しい世の中になることだろう。)

with + 代名詞 + 副詞 のかたち (付帯状況のwith ) with you away 「君がいなくては」
banner_02.gif↑このセンテンス使えるなっと思った方はクリック!「 こんな事いわねーよ」っと言う方もクリック!

| 2008年07月05日 | 生活 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

本日の日誌

7月4日金曜日 本日の天気は晴れ時々雨。

ニュージーランドの天気は冬場は殆ど「晴れ時々雨」の予報。実際一日の間にカラッと晴れたりスコールのような雨を繰り返す事が多いのです。
オークランドは港町で雨の日は風が強く傘が役に立たない事が多いので、レインコートなんかがあると便利ですね。
さてさて、本日の私のミッションですが、御陰様でもりもりとございました。
でもやらないといけない仕事を与えられるのは、決して不幸な事ではございませんね。

逆に「今日は何をやったら良いのだろう?」っと考える方がエネルギーを消耗すると予想します。

本日のミッションの1つが、NZの情報雑誌に載せる当校の広告の作成。

そしてまた、オークランドイングリッシュアカデミーは、この度J-SHINEの認定資格を取得する事が出来ましたのでそのご案内。

またそれに伴って、TESOL&J-SHINEの資格コースが開設されたのでその紹介文作成、
学生団体の受け入れ準備や申し込みがあった際の事務処理等等
とにかく朝から晩まで作業が尽きる事がございません。

またそれに平行して生徒さん達や教師たち、上司達が色々と相談に来られますので
本当にタイムマネージメントをうまくやらないといくら時間があってもたらないのです。

しかし上記のような事柄を涼しい顔をして余裕でこなし、さらに語学学校関係以外の事も同時に笑顔でこなしながら、密度の高い生活を送りたいですね。

(来週も取り敢えずFe位並みには密度の高い生活を送りたい)

<<うっきーさんのワンポイント英会話>>

Young as he is, he has a lot of experience.
(彼は若いが経験が豊富です。)

形容詞(または副詞、無冠詞の名詞)+as + S + V 「Sは~だけれども」

いたずらに歳を重ねるのではなく、内容を伴って歳を重ねたいですね!
banner_02.gif←ランキングに参加してみました^^ちゃんとバナーが作動するのか?ちょっと試して見て下さい。
| 2008年07月04日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

本日の日誌

今晩は。

今日もお恥ずかしながら忙しい一日でした。。。
(忙しいのは処理能力が低い証拠なんでしょうね~。反省)

さてさて、本日は2名の日本人トライアルの生徒さんがお越しになられました。
(今週はこれで日本人トライアルの生徒さんが合計6名です。)

ここでのトライアルとは無料の授業体験の事ですが、うちの学校では火曜日から木曜日まで無料トライアルを受け付けていて、10時15分から11時30分までの1時間15分、一般の英語授業に実際に参加して、授業の様子や内容を確認して頂く事ができます。また学校施設のご案内や、コースの内容を詳しくご紹介させて頂き、当校についての理解も深めて頂けます。

その今週の6名のトライアル生徒さんのうち、本日3名様がお申し込みをされました

数ある語学学校の中で当校をお選び頂き誠にありがとうございます。
しっかりとご満足して巣立って頂けるよう
張り切ってお迎えしたいと思っていますので覚悟(?)しといて頂きたい。

でもなんですね。トライアルが終わった時のフィードバックが非常に良い生徒さんは結局来られず、
淡々と、またはムッツリとされている方のほうがお申し込みされるというパターンが不思議と多いのですね。
それでお申し込み書が届いて来た時に「えええっ?!あなたそうだったのねっ?」っとびっくりする訳です。

真剣に検討している時には、もう「授業が楽しかった」とか、感想を述べる段階を超えていると言う事でしょうか。。。
(もちろん皆が皆そうと言う訳では無く、絶賛して入学して下さる方もいらっしゃいますが。)

何はともあれ、トライアルにはお気軽に起こし下さいませ^^

<<うっき~さんのワンポイント英会話>> 

The best way to learn a foreign language is to go to the country where it is spoken.
外国語を身につける一番良い方法は、それが話されている国へ行くことである。

The best way ~ 「するに限る」「~する最も良い方法」

NZに住んでみて、こう言っては何ですが、それは無いなと思いました。何年住んでも英語の練習をしない人は身に付いていない。行くだけじゃダメって事ですね。



















| 2008年07月03日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |

本日の日誌


初めまして。ニュージーランドアカデミーのうらんです。

現在ニュージーランドはオークランドにある語学学校に勤めております。
かれこれ半年程前からブログ開設プロジェクトが組まれていたのですが、

ふと気がつくともう7月 これはいけません!

何があったと言う訳ではございませんが、突然本日からブログを初めて見る事にしました。当校メンバーの力を借りながら、何とか続けて行きたいと思っている次第です
(燃えてる割に頼りない言い方ですが。。。)

学校日誌公開が目的ですので、個人的な事は追々お話しするとして、、、まず本日の日誌。

本日当校の日本人生徒さん2名がめでたくパートタイムジョブをゲットしました
おめでとう!

2人ともお店は違いますが飲食店でのパートタイムとなりますので、これから足しげく通おうと思います。(ラーメンとか頼むと卵が一個多めにのっていたりするかもしれません。)

うちの学校では以前からアルバイトの紹介をしているので、今はバイトを募集し始めるとお店の方から「いい生徒さんいない?」なんて連絡があったりします。

なんだか人材派遣会社みたいですね。

学校のサービスの一環としてやっていますので、全くのボランティアなのですが、
「バイト決まりました!!」っとメンバーさんが報告に来てくれたときは、本当に嬉しいですね

「あたしゃこの仕事やってて良かったよ。」と思う瞬間です。









| 2008年07月02日 | 学校 | comment(0) | trackback(0) | 編集 |
Copyright (C) ニュージーランドアカデミー. All Rights Reserved.
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。